2010-07-29(Thu)

ハッチョウトンボ

7月25日6〜7時頃の上野森林公園

↓1.朝一番には少し朝露が付いていました。メスのハッチョウトンボ(トリミングしてます)

↓2.逆光でも撮りたい所ですが、木道からなので限界があります。

【絞りについて】初心者向け
カメラには撮影モードと言うのが4種類ほどあります。
<シャッタースピード優先モード>Tv(canon標記)
<絞り優先モード>Av
<プログラムモード>P
<マニュアルモード>M
私の場合、
私の頭脳よりカメラの頭脳の方がゼッタイ上や思うので、
完全カメラまかせの<P>モードで撮ればいいと思うのですが、しかし
<Av>がいいと先輩から教えられ当初から<Av>モードで撮っています。
つまり絞り優先モード。(絞り値さえ決めればあとはカメラが適当に考えてくれる)
ご主人様はまず絞り値を決めるのがお仕事です。
しかし
このご主人様は「絞り」がなんなのかさえ考えることもいやがり、
初期設定のまま。つまり全く絞らない「開放」のままで撮ってました。
「絞り」って目で言ったら「瞳孔」。明るさによって広げたり絞ったりするもの。
その「瞳孔」が開きっぱなしだったんです。
人間で言うと「死んでる」状態ですね。
それが
beniさんとこの森林公園で会った時「絞りはどれぐらいで撮ってはりますか?」
と聞いてきはりました。今まで考えたこともなかった私は返事に困ったのでありました。
あれから3年が経ちましたが、いまだに
ピントの合う範囲を広げたいと思った時だけ思い出したように絞ってます。

↓3.【絞りの勉強】絞り値の違いによってボケ方が違うんです(ssはシャッタースピード)
左:大絞り(絞りf11、ss1/800、iso400) 右:ちょい絞り(絞りf5.6 ss1/200、iso400)
左:大絞り(絞りf11、ss1/200、iso400) 右:ちょい絞り(絞りf5.6 ss1/800、iso400)

↓4.【絞りの勉強】絞り開放です(絞りf3.5、ss1/2500、iso400)
私は常にこの状態で撮っていたということです(何も考えずとも綺麗に写るもんですネと感心)

上の3点で絞りのことが解りましたでしょうか?
(3点とも大した違いは無いと思う私。大きな声では言えないけど本音です)

↓5.縄張り(赤いのはオスです)オスはテリトリーを持っていてライバルを蹴散らします。
この距離は近いですよね?ハッチョウトンボはテリトリーも小さいということでしょうか。
(参考までに3匹とも出来るだけピント合わせたかったので絞ってます。F14)

↓6.真っ赤に成熟したオス

↓7.若造のオレンジ色のオス

↓8.メス。この日のメスたちは水場(産卵場所)から離れた草むらに多かったです。

続きを読む

2008-08-25(Mon)

ハッチョウトンボ

久しぶりの上野森林公園です。
朝5時半頃に現地到着。
あいにくの小雨。(傘をさすほどではないです)
サギソウとハッチョウトンボに会う、
今年最後のチャンスと意気込んでいました。
その結果です。

↓ハッチョウトンボはもういないかも思っていましたが、いました。
メスです。

↓オスです。



↓手をバックに。トンボの大きさがわかるでしょうか?

サギソウの花がお気に入りのようで長い間遊んでくれました。
カバンに180mmマクロを取りに行ってる間も待っていてくれました。
トンボは6本足ですが歩かないし、木を掴むくらいなら後4本で充分。
前の2本は足というより手の役目している。と以前も書きましたが今回も
パタパタアニメにしてみました。

続きを読む

2008-05-27(Tue)

ハッチョウトンボ(上野森林公園)

今年初のハッチョウトンボです。

↓ニガナでしょうか?

↓これもニガナでしょうか?面白い形してました。

↓松の新芽が目を引きました。


2007-07-09(Mon)

ハッチョウトンボ(上野森林公園)

8月8日の上野森林公園です。またもや曇りで
キラッと輝くハッチョウトンボはありませんが、

↓水滴を転がすハッチョウトンボのオス。

↓少しだけ水面が光りました。

↓曇りの日の静けさというのも“あり”かな

↓今回の場所。ごく浅い大きめの水たまり。
ここでハッチョウトンボとモートンイトトンボに会いました。

↓大きさの比較用の指です。ハッチョウトンボは逃げるということを知りません。

続きを読む

2007-07-03(Tue)

ハッチョウトンボ

7月1日朝6時頃のハッチョウトンボ。
↓おもしろい所に止まってくれました。アップで見せたいほどピントバッチリ。

↓オスは成熟すると赤くなります。

↓チゴザサの花が咲いています。小ちゃいです。

↓メスのハッチョウトンボ

続きを読む

2007-06-25(Mon)

ハッチョウトンボ2

最初に出会ったメスのハッチョウトンボを
最初で最後の一頭かもしれないと何枚も撮った後、
二頭目を探し始める。
間もなく真っ赤なオスを発見!2,3枚撮った後
すぐそばのメスにも気がついた。ペア写真ゲット!
その後もポツポツと発見し総数はオスメス5頭ずつほどに会えた。

↓真っ赤なオス


↓ペア


↓ハッチョウトンボのメスとコバノトンボソウ
2007-06-25(Mon)

ハッチョウトンボ

年に数回、土日が休める日が来る。
 (そういえばわが社は週休二日制だったなぁ〜と遠い目)
久々の連休。
6月23日(土)は夏空の上野森林公園へ。
6月24日(日)は雨の中、長谷寺あじさい祭りへ。

今年の目標はハッチョウトンボに会うことでした。
この6月こそがハッチョウトンボの季節。
上野森林公園へ行く目的は当然ハッチョウトンボ。
午前11時から午後4時までピーカンの公園を歩き、
鳥や花やトンボなど大収穫!
しかし肝心のハッチョウトンボには会えない。

園内一周を終え駐車場に戻る手前で
腹が減りすぎてフラフラ。目もクラクラ。
へたり込んで小さい花を撮っていた。
撮っていた花の横に小さなトンボ。

マボロシ、マボロシ!腹減りすぎた。
マボロ、、、、シ、、、じゃない!本物や!!!!!
ハッチョウトンボとの出会いでした。

↓幻ではありません!

↓ハッチョウトンボのメス。体調2センチですから、一円玉を想像してください。

↓アップで

↓興奮気味に何十枚とシャッター押してます。

↓アップで

↓ドキドキしながら撮ってます。

↓アップで

↓ドアップで

第一印象はやはり「小ちゃい!」
比較するものが無く写真では小ささが伝わらないのですが、
アカネトンボが魔法にかけられミニチュアになったような雰囲気です。
今度は早起きして、朝露のハッチョウトンボを撮りたいです。
いい一日でした。
最後になりましたが、ハッチョウトンボは世界一小さなトンボです。
プロフィール

kyomiy

Author:kyomiy
テーマは愛

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ