2009-09-05(Sat)

大和高原の夏、白黒バージョン

この夏の思い出。
奈良県東部山間部の
大和高原スナップです。

↓1.狛犬

↓2.天空

↓3.古代人

↓4.古墳

↓5.農

↓6.木製電柱

↓7.お寺

↓8.みくまりの神

↓9.石仏

↓10.少年
2009-07-04(Sat)

過去の写真

ネタ切れなので、20年前の写真をアップします。
というのはウソで、
2ヶ月前のTokyoです。
実験です。
モノクロに変換しただけで、
郷愁がにじみ出て来るのではないかという
あさはかな考えの実験です。

新宿御苑の3点です。



狭山湖での家族写真2点です。


草花はやはり色がほしい。
2009-06-13(Sat)

奈良公園_春日大社

木陰、木漏れ日、そよ風、昆虫、野鳥。
6月7日の春日大社近辺での一コマです。

↓鹿。きれいな夏毛に衣替えしてます。

↓もみじ1

↓もみじ2

↓水谷神社前

↓ルリセンチコガネ(歩く宝石と呼ばれている。私からは)

↓ムクドリ

↓カメラつながり
2009-06-12(Fri)

奈良公園_禰宜道

用事を済まし奈良公園高畑駐車場に入ったのが、夕方3時前。
これから春日原始林に向かうつもりが、志賀直哉邸くらいまで来て、
その計画は無茶だと気づいたので(何時も気づくのがおそい)
左に折れて、春日大社の森を抜ける禰宜道に入ることにした。
禰宜(ねぎ)とは春日大社の神官さんのこと。
職場の春日大社と住まいの高畑の町を結ぶ道。通勤路という訳です。
うっそうとした森の中に三本の道がつながっています。
今回は中禰宜道から春日大社へお参りして、上禰宜道を戻るコースです。

↓地図。現在地と書いてある所が上禰宜道。その下が中禰宜道。その次が下禰宜道。

↓高畑サロンの壁に西日が当たる。

↓涼しげな林を左に見ながら緩い坂を上っていきます。

↓道を左に折れると中禰宜道の入口。小さな橋を渡ります。

↓道の両側はうっそうとした森です。
↓人は少なく、木漏れ日の中、鳥のおしゃべり声が響いています。
↓左の森

↓前方の森

↓人の声が聞こえてきました。春日大社参道が見えて来ました。
↓こんどは帰り道です。上禰宜道。前方に袴姿の女性が歩いています。まさに禰宜さんでしょうか?

↓今度は水色の袴姿の男性です。やはり禰宜さんでしょうか。おつかれさまです。
↓高畑の町に出ました。前方に鹿です。
↓陽がかなり傾いて来ました。来た道を戻っています。

↓志賀直哉旧邸前です。
2008-08-09(Sat)

階段

ネタ切れました。

人それぞれに人生があります。
自分の人生がこの先どうなっているのか、
それはお天道様しか知らない事。
一歩一歩今を進んで行くしか無いです。
己を信じて



プロフィール

kyomiy

Author:kyomiy
テーマは愛

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ