--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-25(Fri)

ホオジロ

春の訪れを楽しみに、
鳥だって、植物だって、虫だって、
みんな寒さに堪えながら待っているんですよね。

昨年の今頃のホオジロです。
あたたかく軽やかな朝の光の中で
さえずりの練習をしているようでした。
春の出逢いに向けて!

クリックして頂いたら少し大きな画像になります。
スポンサーサイト
2007-02-01(Thu)

ホオジロ(近所のため池)

自宅から500mのほどのため池。
そこに人家はなく外周の
半分は、盛土の土手。
半分は、雑木林。
自宅の屋根にたくさんいるスズメもここにはいない。
この池で必ず会う鳥は、水上のカイツブリと
土手の薮にいるホオジロ。
春夏には「一筆啓上仕り候」と大きな美声を聞かせてくれますが、
今の季節は「チチ、チチ」と小さい地鳴きだけです。

↓ホオジロのオス。顔の白黒がハッキリしています。


↓ホオジロのメス。

↓ロウバイ。やーっと見つけた。でも川の向こうで近寄れない。

どの写真も、冬色ですね。
暖冬のお陰で外歩きには助かっています。
2007-01-06(Sat)

ホオジロ(山の辺の道)

鳥の世界にも男(オス)と女(メス)がいる。
見た目の違いとしては、
オス・・・模様がハッキリして目立つ。(もちろん例外もある)
メス・・・地味な模様で保護色が多い。(    〃    )
と、言えると思います。
それにくわえて、namazu的には、
メスの方が目元が愛くるしくて、全体のラインが丸くかわいい!
と見ています。(メスびいきのnamazuです)
ホオジロのオスとメスです。あなたはどちらびいき?

↓ホオジロのオス。


↓ホオジロのメス。

2006-10-17(Tue)

ホオジロ(近所のため池)

この鳥は、野原に出かけると必ずと言っていいほど出会う鳥です。
この時も結構近くで鳴いていました。
有名な聞きなしの「一筆啓上仕り候」と美しい声でなく鳥ですが、
この時は地鳴きで「チチ、チチ」と地味に鳴いています。
私に対しての警戒を仲間に知らせているのかもしれませんね。
2006-06-04(Sun)

ホオジロ幼鳥(曽爾村)

↓定かではないが、生後数十日のホオジロと判断。

続きを読む

プロフィール

kyomiy

Author:kyomiy
テーマは愛

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。