2010-07-14(Wed)

ホソミオツネントンボ

冬をどう越すか?
重ね着して暖房して過ごします。鍋で温泉なら最高って、、言う私はどうでもいいのです。
昆虫たちは
卵の状態で過ごしたり、土や木の中でじっとしてたり、それぞれ工夫しています。

このホソミオツネントンボは成虫のまま冬を越すトンボ。
成虫で冬を越すトンボは日本には3種類いるそうです。
 ●ホソミオツネントンボ(アオイトトンボ科)
 ●オツネントンボ(アオイトトンボ科)
 ●ホソミイトトンボ(イトトンボ科)
しかし
真冬にトンボに出逢えるなんて感激モンだと探すのですが、
未だに見つけたことがありません。
今冬こそ!

(7月11日いつもの池で)
2010-07-07(Wed)

トンボたち_7月4日

7月4日に出逢ったトンボです。

↓1.ホソミオツネントンボ(パラパラgifアニメで)

↓2.クロイトトンボ(フォトジェニックな蓮池で)

↓3.クロイトトンボ(オスメスが連結してますがわかりづらいですね)

↓4.オオルリボシヤンマ(ブルーのヤンマです)ボケぶれですが証拠写真として

↓5.ベニイトトンボ(絶滅危惧種の割によく見るトンボ)

↓6.モノサシトンボ(名の通り腹には目盛りっぽい印が)

↓7.チョウトンボ(ヒラヒラと蝶のように飛ぶトンボです)

↓8.ホソミオツネントンボ(越年トンボ:成体のまま冬を越すトンボです)

↓9.オオアオイトトンボ(アオイトトンボというそっくりで見分けが難しい)

続きを読む

2007-06-02(Sat)

春のホソミオツネントンボ

冬を成虫のまま越す細身越年トンボ。
冬の枯れ葉色から、見事に、
春の青色に変身しました。



↑尾の先のマジックハンドのようなもので、
メスの首筋をしっかり掴んで、連結します。
2006-10-19(Thu)

ホソミオツネントンボ_冬支度

四季のある日本で生きるものにとって冬をいかに過ごすかが、重要課題です。
人間には家があり服があり暖房があるので、問題はないのですが、
野生動物にとってはまさに死活問題です。それぞれに工夫が見えます。
厳しい冬を生きて越さないと種は絶えてしまいます。

さて、トンボの話です。
南国から飛んで来て日本の冬の寒さに死絶えてしまい、
春にまた南国からやってくるウスバキトンボは例外として、
ほとんどのトンボはヤゴの姿で水中で冬を越します。
多くは、冬ヤゴ夏トンボという1年に1世代型か、1年に2世代型です。
オニヤンマはヤゴで5年、ムカシトンボはヤゴで7年暮らします。

そして今回登場したのはなんと!
トンボの姿(成虫)で冬を越す「ホソミオツネントンボ」です。
他に「オツネントンボ」「ホソミイトトンボ」の計3種がいます。
〜雪に埋もれても、死にません〜なんでそんなに強いのでしょうか?

春に卵からヤゴ(幼虫)になり、
夏にトンボ(成虫)になり、
冬のあいだ中、地味な茶色の姿でひっそり暮らし、
春に鮮やかなブルーに変身し恋愛し産卵します。

↓冬色のおす。

↓冬色のめす。

↓参考までに、春にブルーに変身した姿。(再登場) 

そういえば私がトンボにハマリ始めたのは、今年の春に↑この写真を撮って、
いろんなのがいるんだと、気付いてからですね(笑)
2006-06-24(Sat)

ホソミオツネントンボ

越冬するトンボ(細身越年蜻蛉)
プロフィール

kyomiy

Author:kyomiy
テーマは愛

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ