2010-02-10(Wed)

メジロ(浄瑠璃寺近くで)

5,6mほどの大きな柿の木にメジロの大群です。
ヒヨドリ、ツグミ、シロハラも混じっています。
よほど美味しい柿のようです。
柿の木の下ではおばあさんが箒で落ちた柿を片付けています。



2008-03-18(Tue)

梅に目白

梅の花に可愛いメジロがチョコマカと
カメラで追うのが大変ですが、
梅に鶯ならぬメジロは絵になりますね。
2007-06-29(Fri)

メジロ(上野森林公園)

サラサヤンマのいた木道の頭上にいた鳥は、
目白、山雀、先代虫食、鵯、柄長を確認、ほかにも居そうです。
地上には野うさぎもいました。
↓目の周りの白が目印の目白。


↓野うさぎの証拠写真。(中央で向こう向きで首をひねりこちらを伺っています)

目の前から急に飛び出したウサギは10mほど先でジッと固まってました。
2007-03-20(Tue)

メジロと桜(山の辺の道)

墓参りのあと、石上神宮と山の辺の道を訪れました。
桜の木2本が満開でした。(桜の名前は不明です)
メジロが4羽ほどせっせと蜜を吸っていました。

↓満開の桜。3月18日(日)奥は三輪山。

↓太陽全開。青空全開。桜満開。メジロ忙し。

↓いいお天気でメジロも気持良さそう。

↓いいお天気でnamazuも気持いい。
2007-02-10(Sat)

メジロとユスリカ(橿原昆虫館周辺)

飛鳥の夕日の中で会ったメジロです。


↓ユスリカ。こんなもん撮ってどうすんねん!
 夕日で光っていたもんで(光り物に弱い自分)


「蚊柱」と呼ばれ草むらなどで、顔にまとわりつく、困った奴らです。
しかしユスリカは蚊(カ科)の仲間ではなくて、ユスリカ科らしい。
人を刺す心配はないのですが、
野原族の私の鼻や目に突入して来て困るのです。
2006-12-12(Tue)

メジロ(上野森林公園)

これもまた、住宅の生け垣などでも見かける鳥です。
しかし枝の中に入るのがお好きな様で、
なかなかシャッターチャンスに恵まれませんでした。
今回も枝の奥の方にいましたが、
珍しくジッとしてくれていました。ラッキーです。



この鳥を見つけたのは妻でした。
「おとーさん!ウグイス!ウグイス!」
その一言で見る前から私はメジロとわかりました。
近寄ると案の定メジロでした。「これはなぁ!メジロや」
「ウグイスはなぁ〜〜こんな色ではなくて〜」
そんなくだらない話をしている場合ではない。
逃げられないうちに、写真撮影。
世の中にはメジロをウグイスと思っている人がたくさんいるようですね。
『梅に鶯』の挿絵に問題がありそうです。
この鳥はホーホケキョとは鳴きません。ホーホケキョと鳴くのがウグイスです。
ウグイスの姿はこちらです。
プロフィール

kyomiy

Author:kyomiy
テーマは愛

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ