2006-04-29(Sat)

オオイヌノフグリ


ブログを始めカメラをよく持ち歩くようになり、
ブログのおかげでこの花の名前を知りました。
鳥や植物や動物の名前。もっともっと知りたいです。
(余談ですが、犬のフグリの意味を調べました。可哀想すぎる)
アオノセイウンに改名します(青の星雲)
2006-04-28(Fri)

語らい(ベンチで)


ゴールデンウィークですね。日々の仕事はオフにして、
ゆっくり息抜きしましょう。
くだらない話で時を過ごすのもよいかもしれません。
2006-04-28(Fri)

サイフ


注※ワガヤノジョウケイデハ、アリマセン※
2006-04-27(Thu)

奈良公園、浮御堂のボート


25年前のこと。四半世紀も一緒ということか。
2006-04-27(Thu)

ヒバリ(大阪市都島区淀川河川敷)

↓ヒバリの声量はすごい。近くで聞くとうるさいほど。
 実はこの旦那ヒバリは嫁を見守っていたのです。
(私には♂♀の判断は出来ませんが、勘で、たぶん)

↓草むらでは嫁さんヒバリはせっせと餌を集めていた。
 (こがね虫をくわえては落としている)
 目が合っちゃいました。

↓キジバトも気持ち良さそう。

↓花たちも太陽の光に輝いていました。


↓勤務中であることを思い出した私、得意先へ爆走中(自転車)
2006-04-26(Wed)

淀川のワンド(大阪市都島区)

この写真をじっくり見ていただきたい(汚いのは我慢してください)

私は水際に座りカメラを構えている。
目の前に、えさ探しに夢中の「クイナ」(手前にいて写ってません)
その先に口をムシャムシャゴソゴソと「ヌートリア」
さらにその先に2匹の「ナマズ」と思いシャッターを切った。
(パソコンで拡大したらナマズでなく「カムルチー」でした)
人間の私のことなんて全く無関心の彼ら。
その無関心さに「なんじゃこりゃ〜!」です。
実は草むらではヒバリにも出逢えて、これも逃げないのであります。
「さすが都会の生き物はスレとるな〜」

続きを読む

2006-04-26(Wed)

クイナ(大阪市都島区)

昨日、仕事の打ち合せまでの空き時間に淀川のワンドを覗いてみました。
目の前2mぐらいの所をうろついています。
逃げません(というより私は無視されています)

図鑑で見ると警戒心が強いとか、見る機会が少ないとか書いてあるが、
私の出逢ったのは警戒心まったくなし。ホンマにクイナかいな?
実はクイナの2m先にこれまたびっくりの生き物が居ました。
そしてそのまた1m先にまたまたびっくりの生き物が居ました。
淀川のワンド、恐るべし。
2006-04-25(Tue)

白毫寺(びゃくごうじ)4月22日

五色椿(天然記念物)、萩の寺、閻魔様、そして何より展望のお寺。
これが私の白毫寺のイメージ。もちろん弁当は大和盆地をおかずに。

↓石段の両脇は萩の花でいっぱいになる。今は株だけ。

続きを読む

2006-04-25(Tue)

高畑(たかばたけ)界隈

志賀直哉邸、新薬師寺、白毫寺、写真美術館などがある奈良公園南隣のエリア。
人も少なく静かでゆったりしている。近頃はおしゃれな店も増えて来た。
↓土塀3(新薬師寺前。この土塀が気に入って油絵にして出展したことがある)

続きを読む

2006-04-24(Mon)

イワツバメ(三重県名張川)

↓目が真っ黒。

↓川面を行ったり来たりしています。虫を捕っているのでしょうか?

↓飛ぶスピードが速くて、必死にカメラで追っかけています。(これはツバメ)

↓おまけ。ケリの流し撮り

飛んでいるのはすべて流し撮りをしているのですが、流れていませんね(泣)
シャッタースピードで調整すればよいのでしょうかね?再挑戦します。
2006-04-23(Sun)

曽爾村屏風岩公苑の桜4月22日

屏風岩公苑の桜を見に行きました。が、まだ早かったです。
木によっては咲いていましたが、大きな山桜はすべて蕾です。
↓屏風岩の横顔。稜線真ん中あたり平坦になっている所が屏風岩公苑

続きを読む

2006-04-21(Fri)

なずな


風に揺られて気持ち良さそうでした。

続きを読む

2006-04-20(Thu)

山の道で


風景、野鳥、虫、植物、さてさてどんな出逢いが待っているのか。
2006-04-19(Wed)

吉野山、花見2006


ちょっと肌寒かったなぁ〜
2006-04-18(Tue)

天神山(与喜山)登山 4月15日(土)

原生林の山。道案内板ゼロ。出逢った人ゼロ。道無き道を登る。小雨。

↓天神山(与喜山)の説明

↓長谷寺参道突き当りの赤鳥居が与喜天満神社(祭神=菅原道真)
 背後の山が天神山。神社の脇から道無き道の急斜面を登る。

↓与喜天満神社への初瀬川にかかる橋から、長谷寺を見る。

↓原生林を歩く喜び。巨大な生き物の胎内にいる気分になっていた。
 大木はやがて倒れる。

↓倒木からはキノコが生え、土となって行く。


↓地面は何層もの落ち葉に覆われ、無数の新芽が顔を出す。輪廻転生を思う。

↓鳥がたくさんいる。何が出て来てもおかしくない。しかし怖さは無い。
 山ツツジ?がひときわ華やかに出迎えてくれた。


↓山頂に立つが展望はない。樹間から長谷寺本堂が見えた。

↓山桜。帰りは、まほろば湖(初瀬ダム)に下りた。

2006-04-17(Mon)

吉野山(4月16日.日曜日)

午後から太陽が顔を出してくれました。
↓吉野山。蔵王堂の存在感はさすが。

↓上千本で弁当を食べながら吉野山を眺める。

↓陽が差して来て、観光客もごきげん。

↓もみじの新緑もきれい!

↓水分神社のしだれ桜

↓木々に陽が差す。

↓吉水神社から上千本を見上げる。

↓蔵王堂を見上げてお花見。
2006-04-17(Mon)

長谷寺(4月15日土曜日)

小雨降る長谷寺です。
↓初瀬川対岸からの長谷寺全景

↓仁王門

↓境内は、桜と新緑できれいな色合いに

↓本堂からの眺め


相方は仕事なので一人小雨降る中、天神山登山でまほろば湖へ降りた後、
長谷寺を訪れました。桜は満開でしたが天候のせいか人は少なかったです。
長谷寺の桜。こんなに綺麗だとは知らなかった…。
2006-04-14(Fri)

飛鳥の帰り道(4月9日)

一日の締めくくりに再び甘樫丘に登る。目的は「夕日と満開の桜」
しかし残念ながら、鮮やかな夕日はなく闇にフェードアウトしてゆきました。

続きを読む

2006-04-14(Fri)

たんぽぽ(妻へ)


どこにでもいる、たんぽぽ。だけどいないと寂しい。
何のとりえも無い男。だけど居ないと寂しい、そんな男になりたい。
2006-04-13(Thu)

レンゲ畑で

レンゲ畑に寝そべってヒバリを見上げる。これが私の原体験。
2006-04-13(Thu)

桜(安倍文殊院その2)

4月9日の桜です。
↓まずは娘の高校合格のお礼参り(遠くに二上山)

続きを読む

2006-04-12(Wed)

飛鳥路で出逢った鳥

↓ヒバリ(飛鳥に一番似合う鳥でしょう)

続きを読む

2006-04-12(Wed)

桜(飛鳥寺)

↓池に落ちた花びら

続きを読む

2006-04-11(Tue)

桜(安倍文殊院その1)

大きな桜の木の下で♪あなたとわたし仲良く〜あゆみましょ〜♪
………それぞれの人生に物語がありますね。…たぶん

↓物語2

続きを読む

2006-04-10(Mon)

桜(甘樫丘=あまかしのおか)

まず大和路で一番好きな桜、甘樫丘から。
↓甘樫丘遠望(頂の桜が見える)

続きを読む

2006-04-06(Thu)

ようきゃはったね!

↓「標準語」を聞くと、安らぐのであります。(天理市出身者)

続きを読む

2006-04-05(Wed)

山の辺の道

大和路の中で一番のお気に入りの場所です。

↓夫婦(岸に立つ80歳位の老夫婦とその向こうで農作業をする夫婦)

続きを読む

2006-04-04(Tue)

龍王山(586m)

4月1日(土)山登りが苦手な相方は仕事なので、
ひとりきままに〜思い出の山、龍王山に登りました。

↓国道169号線、柳本バス停あたりから龍王山を望む。
  (奥の大屋根はトレイルセンター)

続きを読む

プロフィール

kyomiy

Author:kyomiy
テーマは愛

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ