--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-05-31(Wed)

蝶たち

↓カラスアゲハ(ツツジの花に10匹ほどのカラスアゲハがいました)

続きを読む

スポンサーサイト
2006-05-30(Tue)

ハラビロトンボ.1(明日香村川原寺)

↓ハラビロトンボのオス(鼻?がサファイアのように光ってとてもキレイ)

↓ハラビロトンボのメス

↓ハラビロトンボのオス

オスは明日香村川原寺、メスは曽爾高原お亀池(有名な湿地)で撮影。
2006-05-30(Tue)

ウグイス(明日香村)


この鳥の名を知らない人はいない。鳴き声ですぐわかる。namazuでも知っている。
しかし姿を見た人はどのくらいいるのだろう? 少ないと思う。
この空気の澄んだ日はウグイスも気分がいいのか、あちこちで大合唱。
3箇所で、その姿を見せてくれました。私は初めてその姿を見ました。
↓薮鳥で木のてっぺんには出てこないものと思っていたが、今日は違う。

↓ホ〜ホケキョッ。口を大きく開け全身をふるわせて鳴いていました。
2006-05-29(Mon)

ハルジオンと虫


雑草である。帰化植物である。だから嫌われ者かもしれない。
よく似たものにヒメジョオンがある。こちらも帰化植物である。
私は可愛い花だと思う。
虫たちもお気に入りのようだ。

続きを読む

2006-05-29(Mon)

明日香5月27日(土)視界良し

風が強いお陰か、遠くまでくっきり見える。100km以上見えている感じ。
雲が躍っている。ので、空模様をどうぞ。

↓昼過ぎの西の空。大阪府越しに兵庫県六甲山も見えている。

続きを読む

2006-05-26(Fri)

ギンリョウソウ(銀竜草)

春日山原始林の中を有料道路が貫いている。
奈良奥山ドライブウェイ(有料道路)。一方通行。地道。人も歩く。
そんな珍しい有料道路。この道路を歩いているときに、
この白く目立つ植物を見つけた。名前なぞ分らず、とりあえずパチり。
帰って調べるとギンリョウソウ。別名幽霊茸と言う。
ユウレイタケという名がぴったりだ。しかしキノコではなく
腐生植物の仲間だそうだ。(腐生植物って言葉も初めて聞いた)

↓ギンリョウソウ(世紀の大発見かと思ったが、珍しくもないらしい)

続きを読む

2006-05-25(Thu)

奈良公園

五重塔、大仏、飛火野、浅茅ヶ原、浮御堂、猿沢池、鹿、若草山、
40年前と何も変わっていない。いやまて、二つ変わった。
一つはトイレが増えてきれいになった。二つ目は鹿の糞を汚がる人が多くなった。
私は今でも平気で「糞の上に」座ったり寝転がったりする。自慢にはならないが…

↓子鹿(親鹿は時々子どもを襲うから注意。弁当も食べられちゃうから注意)

続きを読む

2006-05-24(Wed)

春のモミジ

春のモミジがこんなに美しかったなんて知らなかった。
新しい葉、花、実(プロペラ)、どれも生まれたての瑞々しい姿。

↓プロペラ(遠くへ飛ぶ工夫は神秘的。飛んで行く姿を想う)

続きを読む

2006-05-23(Tue)

若草山山頂

原始林一周コースの途中、若草山山頂で弁当タイム。
レンズ交換が面倒で望遠レンズだけで見た山頂からの眺望4点です。
本当は大和盆地が目の前に広がる見晴らし抜群の場所なのです。

↓若草山から興福寺を望む(若草山は三笠山とも呼ばれ頂上が三つある)
 一番高い三重目の山頂から二重目の山頂に立つ人と五重塔を撮っています。

続きを読む

2006-05-23(Tue)

キセキレイ(奈良公園)

下から見上げるキセキレイはレモンイエローが眩しく
どこか高貴な雰囲気をもっていた。
2006-05-23(Tue)

春日山原始林

奈良公園、春日大社の奥に春日山はあります。
春日大社の歴史とともに守られて来た原始林。
遊歩道、奥山ドライブウェイ、柳生街道を歩き一周してきました。
↓世界遺産

続きを読む

2006-05-20(Sat)

監獄の思い出(明治村で)


意外と居心地はよかった。
ちょうど世田谷区で二年間暮らした三畳間とおなじほどのスペース。
私は布団さえあればOKの人間ですから、このくらいがちょうど良い。
2006-05-19(Fri)

サンショウとグミ

↓サンショウの花(庭にあるのだが木の芽も実も食べたことが無い)

続きを読む

2006-05-18(Thu)

ベニシジミ


5月14日は年に一度の娘のピアノの発表会。
出番まで2時間ほどあったので「ちょっと写真撮ってくる」と
会場近辺を散策して昆虫や鳥など撮りました。

続きを読む

2006-05-18(Thu)

マガモ(三重県伊賀市木津川)

※注意※これはマガモではなくマガモを家畜化した青首アヒルでしょうね(追記)

↓♀マガモ(こんな綺麗な羽を持っていたとは!これはきっと誘惑のポーズ)

よ〜く見ると、不思議がいっぱいのマガモです。
↓すーっと動き出したマガモたち(私の足下に来てオネダリでした)

↓♂マガモのくちばし(餌は無いけど写真は撮らせてもらう)

↓♂マガモにも同じ羽が見えた。

↓♂マガモの「おしゃれ羽根?」綺麗にカールしています。

↓♀マガモのあんよ(オレンジ色が際立つ。恐竜を感じさせる)
 鳥は恐竜の子孫とも言われますが、私もそれがほんとうだと思っています。

以上、「マガモっておしゃれ〜」でした。
とくにブルーの隠し羽は、セクシーでした。
この後このツーペアは川沿いを歩く私に1kmも着いて来たのでした。
餌も無いのに。
2006-05-17(Wed)

童謡は好きですか?

近頃の小学校では童謡をあまり歌わないと聞いたが。それはさびしいよ。

続きを読む

2006-05-16(Tue)

野山に咲く花(室生)

♪野に咲く花のように〜♪(ダカーポ)を口ずさみながら、どうぞ。
↓ハルジオン(ヒメジオンと思い撮影したが調べるとハルジオンという名が)

続きを読む

2006-05-15(Mon)

桐の花

見た瞬間「キリ」とすぐわかった。ブログのおかげです。
教えてくださったsumiko34さん、ありがとうございます。
秋から鈴なりについていた花芽からようやく花が開き始めました。
まるで卵が暖められて次々殻を破り生まれてくる赤ん坊のようです。
↓咲き始めた桐の花と新芽

続きを読む

2006-05-15(Mon)

雨の室生寺5月13日

雨にもめげず室生寺へ。
目当てのシャクナゲは雨に打たれ散り進んでいました。
石段も濡れ、一日降り続く雨でした。
↓鎧坂(かろうじてシャクナゲが咲いています)

続きを読む

2006-05-12(Fri)

ササゴイ(愛知県木曽川)


子どもが小さかった頃、散歩していて、
ササゴイやゴイサギを見つけては
子どもに「ペンギン発見!!!」などと、
滅茶苦茶いい加減なことを言っていた私です。
ちなみにササゴイは黄色い目、ゴイサギは赤い目です。
2006-05-12(Fri)

自分の道。決めた道。まっしぐら。


現在、日本一周(ヒッチハイクで)進行中で日々の出来事を
タイムリーにブログに載せている方(ヤンマー君)がいます。こちら
私は楽しみに見せてもらっています。興味のある方はどうぞ。
「TVドラマや小説を遥かに凌ぐ青春ドラマをいつもありがとう」
プロフィール

kyomiy

Author:kyomiy
テーマは愛

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。