--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-07-31(Mon)

梅雨明け(広陵町、馬見丘陵公園で)

夏本番、夏の色。(画像をクリックすると大きくなります)

↓青。  


続きを読む

スポンサーサイト
2006-07-31(Mon)

ウチワヤンマ

奈良県広陵町馬見丘陵公園で 2006.7.29

↓団扇のシルエットが印象的なウチワヤンマ

↓前から

↓後から。水面に空を映して

↓コシアキ蹴散らして、一等場所を陣取ったウチワヤンマ

↓獲物を狙う
2006-07-31(Mon)

アオモンイトトンボ.2

奈良県広陵町馬見丘陵公園で2006.7.29


2006-07-28(Fri)

ガマ

少年たちよ!串刺しソーセージじゃないぞ!かじるなよ!
小さい頃ガマを見つけると何だか急におなかがすいて来て
家に帰りたくなりました。

↓ガマの穂。近くのため池で、トンボの撮影地です。

続きを読む

2006-07-28(Fri)

カマキリ

あれれ、ピンぼけでした。(それでも載せるか)
今度ピンとあったのが撮れたら差し替えます。

↓カマキリの顔、というより鎌。(ピントが鎌に来てました)

2006-07-27(Thu)

アオモンイトトンボ.1

腹の先のライトブルーがとても印象的なイトトンボです。

(画像をクリックしたら大きくなります)
試験的に大きい画像を貼ってみました。
 ↑イカガデショウカ?オオキイガゾウハ
  
2006-07-27(Thu)

ハグロトンボ

川原を歩くとよくみかけるトンボです。
羽根をヒラヒラさせて、おっとりした感じがします。

↓図鑑風にパチり。

↓川面で交尾。

↓足はこんなです。虫をキャッチしやすそうです。

↓澄まし顔

2006-07-27(Thu)

コシアキトンボ.1

個性的な模様をしたトンボで見間違うことがない。
ご覧のように腰が真っ白。
飛んでいる姿は腰が消えてあいているように見える。

↓奈良県広陵町馬見丘陵公園で撮影

↓雨の中で飛び回っていました。(以下は近所の池で撮影)

↓上下に2匹がホバリング。この後急降下したのか?視界から消えた。

↓前回チョウトンボを撮影したのと同じ場所。
 この日はチョウトンボはいなかった。(雨が降っているからだろうか)
 この池の隅のガマの林はトンボ達のお気に入りのようだ。
2006-07-26(Wed)

暑中お見舞い申し上げます。

只今、大阪の空は真っ青な夏空です。
いよいよ夏本番ですね。
日本中のクーラーを止めて、日本の夏を感じてみたい私です。
窓全開で走っていた電車がなつかしいです。
2006-07-26(Wed)

コフキトンボ

パッと見はシオカラトンボに似ているが、一回り小さくて、
名前の通り、体に粉を吹いたようになっている。


2006-07-25(Tue)

ツバメの親子(名張川)

おなかをすかせた小ツバメと大忙しの親ツバメの情景です。

↓母さんまだかな〜(腹這いで待ちながら頻繁に空を見上げてる)

↓「さぁご飯だよ。こっちにおいで」待ってたよ母さん!グラグラ

↓グラグラして、ボク落っこちそうだよ

↓うまく食べれないよ〜

↓「なにやってんのよ〜もっと大きな口開けて〜」

↓ホレッがぶり!「母さんの顔までかぶりついてどーすんの!」

↓今食べたのにもうお腹すいて来たよ〜母さんまだかな〜
2006-07-24(Mon)

ツバメ幼鳥(名張川)

川沿いのオニグルミの木に止まっていました。

↓母さんまだかな〜(餌をもらえるのを待っています)

↓2羽のツバメの子が並んでいます。

↓オニグルミの実は手に届きそう

↓別の木にもツバメの子がいました

↓電線にもツバメの子どもです

巣立ちして、飛ぶ練習をしてるのでしょうか。
枝に這いつくばるようにして、時々空を見上げては、
餌の届くのを待っているばかりです。親鳥もまだまだ大変です。
図体ばかり大きくなって、なんだか我が子を見ている様です。
2006-07-22(Sat)

夢の国へ

疲れた時、嫌なことを忘れたい時、
「パッ」と消えちゃえる場所が有ればいいですね。
全てを忘れて、自分らしさを充電して、
リフレッシュして、「スーッ」と戻る。
「パッ」と消えて「スーッ」と戻る。
そんな「パッ・スーッ」な所、持ってますか?
(私はカメラ抱えて草むらかな〜)
2006-07-22(Sat)

夕立のあと

撮影散歩中、急に辺りが暗くなってきた。
これはヤバイ!コンビニへ直行!ビニール傘を買う。
案の定、バケツをぶっちゃけた様な大粒の雨。
間一髪でセーフ。

↓田んぼで。

「日本各地で大雨の被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。」

続きを読む

2006-07-21(Fri)

チョウトンボ

「こんな綺麗なトンボ見たことない!」と興奮気味の私でした。
池のふちに座り込んだ私の目の前2〜3mの所を何回も飛んでいます。
ただ、飛びっぱなしなので、飛んでいるのを撮るしかないのです。難しい!
全部で6匹ぐらいが何回も来てくれますから、シャッター押しまくりです。
写真ではこのキラキラ感は伝わらないので、ぜひ実際を見てほしいです。

↓いちばんピントの合った1枚です。

↓いつものため池です。奥のガマの茂みの周りにいます。

↓キラッキラッ輝いています。

↓2匹やって来ました。

↓空中で一瞬の出来事です。


後から思えば(このセリフ多すぎる)連写機能を使えば良かったと悔やむ私。
しかしここはマイフィールド、何度も行きます。また居てくれればいいのですが。

2006-07-20(Thu)

牧場の牛にかじりつく。

『食事の時、父はいつも』 by namazu

牛肉を食べだすと、父が言い出す。
 「あそこの牧場の牛は可愛い目をしてたね〜」
フライドチキンを食べると、父はまた言う。
 「小学校のホラ鶏小屋のニワトリはおっかないよね〜」 
ご飯を食べては、お百姓さんの話をして、
畑の話をしては、野菜や豆腐をたべている父。
 「牛肉をいただくときは、牧場の牛にかじりつく自分を
  頭に思い描くんだぞ!ウシを食ってんだからな」
耳にタコができているが、それでも言い続けてる父。

続きを読む

2006-07-20(Thu)

アオサギ(三重県名張川)

「アオサギのいる風景」その1

この鳥は大きいので、すぐ見つかるし遠くからでも撮れる。
「アオサギのいる風景」その2

「アオサギのいる風景」その3
2006-07-20(Thu)

モズ(三重県名張川)

よく見かける鳥だが、すぐ逃げてなかなか撮らせてくれないが、
今回、モズ初撮り記念の一枚。

いつの日か、猛禽類モズのくちばしをしっかり写してみたい。
2006-07-20(Thu)

ササゴイ幼鳥(三重県名張川)

容姿と目の周りの色と足の色からササゴイの幼鳥と判断。

写真を整理中に、茂みにもう1羽潜んでいるのを確認した。
2006-07-20(Thu)

アメンボ

大雨で各地に災害が起こっています。
被災された方には、お見舞い申し上げます。

私はのんきにブログやってていいのかとも思いますが。
平和な自分の今に感謝してブログを続けることとします。

↓アメンボの顔です。(顔まで見ようと思う人はいないですよね)

続きを読む

2006-07-19(Wed)

キュウリ

今が旬のキュウリ。毎日いただいています。
朝日を浴びて、輝く花も見てやってください。

続きを読む

2006-07-19(Wed)

祇園祭山鉾巡行_その2

祇園祭のことをよく知らないけれど、
この祭の中心人物と思われる「お稚児さん」が、
肩に乗せられ、長刀鉾から降りる場面を見れました。

↓男の肩に乗るお稚児さん。傘の間から

続きを読む

2006-07-18(Tue)

祇園祭山鉾巡行_その1

初めて行きました祇園祭。
雨です。本降りです。

↓出発準備完了

続きを読む

2006-07-15(Sat)

カタバミ

小学生の理科の教科書にのっていたからなのか、
なぜかカタバミを見ると小学生の頃を思い出す。
たしかこのオクラのようなサヤがはじけて種が飛び出すはず。

雑草だけれどよく見るとこれも生きる工夫と美しさに吸い込まれる。
もう少しアップで見たいよ「マクロレンズがほしい!!!!」
2006-07-14(Fri)

マイ・フィールド

いつもお世話になってる散歩道です。
最近は、休日の朝食前にこの辺りをぐるっと一回り歩いています。

↓ため池。ウシ蛙やアオサギのダンスやトンボなどの撮影地。
カイツブリがいつもいるのですが警戒心が強くて写せません。

続きを読む

プロフィール

kyomiy

Author:kyomiy
テーマは愛

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。