2006-08-31(Thu)

ナニワトンボ(オス)

小さくて全身青いトンボです。
世界でただ1種の成熟すると青くなるアカネです。
「VU:絶滅危惧2類」に環境省が指定いているトンボです。

↓見ているとだんだん逆さ立ちになっていく




2006-08-31(Thu)

モノサシトンボ.2(鳥見山公園)

メスが産卵するとき、オスはメスに連結して身辺警護をします。
こうしてメスが産卵するまで見守っていないと、他のオスがやって来て、
自分の精子を掻き出され入れ替えられるそうです。
自分の子孫を残すための知恵。たくましきDNA。
こうした行動はこの種に限ったものではなく、多くのトンボが行うものです。
(横取りしに来たオスは2番目の写真)

↓メスの首筋に立つオス

↓横取りしようとする、別のオス。

↓産卵風景。オスは警護しているが、この体勢で鳥に食べられる事もある。

↓連結する瞬間は「アラヨッ!」とか互いに合図を送るのだろうか?
2006-08-31(Thu)

リスアカネ


近くのため池です。このリスアカネやコシアキトンボが産卵中でした。
↓連結飛行中


2006-08-30(Wed)

鳥見山公園からの眺望(阿騎野の風景)

宇陀市は朝霧のかかる日が多くこの日も霧の市街地を通り、鳥見山公園に登って来ました。上から見ると軽い雲海となっていました。

↓雲に朝日が当たって燃えているよう



東の野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ 柿本人麻呂

万葉集に歌われている「阿騎野(あきの)」はこの風景の中の大宇陀辺りです。

↓日の出時の雲海

↓山の連なりがおもしろい

↓大宇陀方面を望む

↓桜井市方面を望む(大和盆地)

ここの展望台からは西に大和盆地の大和三山や金剛山、
南に吉野連山、大台ケ原まで見渡せます。
2006-08-29(Tue)

オオルリボシヤンマ.3(捕食編)

以前オニヤンマの空中キャッチ捕食を見ました。そして今回、
このオオルリボシヤンマも凄まじい空中キャッチを見せてくれました。
獲物はなんと!ノシメトンボでした。

目の前で空中キャッチしてバシバシ凄い羽音のあと、近くの木に止まりました。
オニヤンマの時と同じ行動です。

↓トンボがトンボを食べています。

↓複眼や体の色が綺麗です。トンボは幼虫成虫を通じて肉食です。

↓オニヤンマの時と同じ失敗。私が興奮のあまり近づきすぎました。
 ノシメトンボの頭だけ食べて逃げて行きました。
2006-08-29(Tue)

オオルリボシヤンマ.2(産卵編)


ちょうど木が沈んでいて格好の産卵場所のようです。
見ているとどんどん後ずさりしています。
↓産卵中は鳥に狙われやすいので、こんな目立つ場所では命がけ

↓こちらでも
2006-08-29(Tue)

オオルリボシヤンマ.1(パトロール編)

初めて青いヤンマに出逢いました。


↓飛びっぱなしなのでホバリング中がチャンス!しかし撮影は難しい〜
↓睡蓮の花をバックに

↓正面から(水面には睡蓮の葉と赤い橋の映り込み)

↓朝の光を受けて

↓頻繁にテリトリーに入ってくる同種のトンボを追い出しています。

たくさん撮ったので、三部構成にします。今回が「パトロール編」です。
2回目は「産卵編」。3回目は「捕食編」です。
蛇足:漢字で書くと「大瑠璃星蜻蜓」でしょうか。
2006-08-28(Mon)

スイレン(宇陀市鳥見山公園の勾玉池)

この勾玉池は標高700mほどにある鳥見山公園内の池です。
ここは遊具があるような公園ではなく山頂近くの自然公園です。(展望最高)
ツツジが有名ですが、今は睡蓮がひっそりと(人が少ない)咲いています。
静かな落ち着いた佇まいの穴場です。

↓勾玉池全景。神武天皇にまつわる伝承もあり、少し神秘的な空気アリ?。

↓睡蓮もさることながら、上空にはトンボが飛び回っています。

2006-08-28(Mon)

盆踊り

夏休み最後の土曜日、我が町内の自治会の盆踊りです。
河内音頭、江州音頭、炭坑節、ドラえもん音頭、
きよしのズンドコ節、よさこいソーランなどを踊ります。
わたしもよさこいソーランを踊り、今足腰が筋肉痛です。
残念ながら私の舞姿は無いです。
写真の中に見える黒の祭半天が私達のユニホームです。

櫓で太鼓を叩いてくれるので(プロの方です)、雰囲気は最高です。
たこ焼き、おでん、フランクフルト、金魚すくい、生ビール、等々。
最近はどこも縮小気味と聞かれる町内盆踊りですが、わが町は元気です。
2006-08-27(Sun)

赤目四十八滝(日本の滝100選)(遊歩100選)

↓赤目五瀑のひとつ「琵琶滝」

赤目五瀑には他に「不動滝」「千手滝」「布曵滝」「荷担(にない)滝」があります。

続きを読む

2006-08-26(Sat)

ヒメムカシヨモギ

よく見る雑草ですが、心ひかれたのでパチり!

北アメリカ原産の帰化植物。別名=御維新草、明治草、鉄道草
明治維新の頃に日本にやって来たので
ゴイッシングサや、メイジソウと呼ばれるそうです。
ペリーさんが黒船で運んだということになるのかな。
2006-08-26(Sat)

キジ(近所の田んぼ)

近所の田んぼの畦に太ったハシブトやなぁと見たら何故かキジと散歩中!
キジにしては色が地味に見えますが。(少々不安です。見極めお願いします)
クリックで大きくなります。
2006-08-25(Fri)

ウスバキトンボ

トンボの図鑑などで最後に紹介されるのがこのトンボ。
それは生態が独特だからでしょう。
毎年、春に東南アジアの熱帯地方から
海を渡り大群で飛来するという変わり種です。
また、世代更新も大変早くて、
春にやって来たのを親とすると、
7月には子どもが、9月には孫が飛んでいます。
日本各地に繁殖して北海道まで飛んで行きます。
しかし、寒くなると全滅し、また春には南からやって来ます。

トンボの止まり方に、面白い話があります。
トンボには飛び続ける「飛翔型」(オニヤンマ科、ヤンマ科など)と、
止まってる比率の高い「静止型」(アカネ類、イトトンボ科、カワトンボ科など)
の大きく分けて2種類があります。
止まり方にも大きく分けて2種類、「垂直型」と「水平型」あります。
「飛翔型」のトンボは「垂直(ぶらさがり)型」で
「静止型」のトンボは「水平(うつぶせ)型」なのです。
それは、胸の筋肉を飛ぶことに重点を置いて使う「飛翔型」は、
足で体を支えるために筋肉をあまり配分されていないからだろう。
と、いうことです。
だから、このウスバキトンボは海を渡る、飛びの専門家。
見かけはアカネトンボのようだけど、止まり方は「ぶらさがり」なのです。
↓この翅で、太平洋を飛んで来たのかい?

↓手前の枯れ葉がなかったら、傑作でしょう?

↓泣き顔やなぁ

↓図鑑風に1枚
2006-08-25(Fri)

アキアカネ


アカネ類は種類も多く、それぞれ似ているので同定は非常に難しいのです。
(なので、この先こっそり名前を変える可能性ありです)

2006-08-25(Fri)

オオシオカラトンボ.2(メス)


オスとはまったく違う種類に見える色合いです。
2006-08-24(Thu)

赤目四十八滝(森林浴の森100選)

柱状節理の地形を土台に、
水の流れと光を透かす森。
滝の音と飛沫が空気を流れ、
苔を育て、人を癒す。
光の透明感と、
水の透明感を、どうぞ。
↓カワムツ

続きを読む

2006-08-23(Wed)

ミヤマカワトンボ.2(赤目四十八滝)


トンボをもとめて近くの赤目四十八滝へいってきました。
いたのはミヤマカワトンボばかりでした。
トンボのヤゴの生息場所は種類によって様々です。
この渓谷には他のトンボは育たないようですね。
反対に、田んぼや池にはこのトンボはいません。
ミヤマカワトンボ=深山川蜻蛉(みやまかわとんぼ)です。
(画面をクリックすると大きくなります)
↓滝壺を眺めるオス。

↓メス。足が長くてスマートなトンボです。

↓オス。翅もきれいし、身体も角度によって、緑や青に輝いています。

↓きれいな水とミヤマカワトンボはお似合いです。
2006-08-22(Tue)

シオカラトンボ.4


当地では稲穂がこんなに垂れて来ています。9月初旬には稲刈りです。
宇陀川流域の稲は大和盆地の稲より1ヶ月半早く収穫されます。伊賀米です。
今回(8/20)の近所の散歩撮影では、カワセミから始まり、
このシオカラトンボなど、お気に入りの写真がいろいろ撮れました。
特に後日お見せするウスバキトンボ、ミヤマカワトンボは綺麗に撮れました。
ミヤマカワトンボの輝きを楽しみにしてください。
↓シオカラトンボ(オス)

↓シオカラトンボ(メス)上向き

↓シオカラトンボ(メス)こっち向き

↓交尾
2006-08-22(Tue)

カワセミ(ダイブ編)、近所の池で


何回もダイブしています。遠くてはっきり見えないのですが、
3回に1回くらいは獲物をくわえているようです。あと2回は空振りです。
このカワセミは狩りが下手なのかどうか分りませんが、
これが食事だから毎日ドボンドボンやってるんでしょうね〜。





2006-08-21(Mon)

カワセミ(争い編)、近所の池で

↓あーっ、そこはオイらの場所!返せー!(クリックで大きな画像になります)


↓何を〜!!早いもの勝ちだ。こっち来んな!!




↓ここで空くの待ってるよ(別に木で)。「あっちいけ!こっちを見るな」

300mm復帰記念にいつののため池にカワセミが来てくれました。
2006-08-19(Sat)

ミヤマカミキリ

『70-300mmのズームレンズ復活!』
望遠レンズが3週間の修理入院から、帰って来ました。
快気祝いに明日はやはり、草むらに行ってこようと思います。

↓ミヤマカミキリ(日本最大のカミキリムシです)


※日頃お世話になっている皆様へ※
只今、タイトル名を変えようと考えています。
ご迷惑をかけますが、よろしくお願いします。 namazu_5757
2006-08-19(Sat)

箱根大涌谷

妻の実家から義父義母と一緒に箱根と富士山へドライブ。
箱根大涌谷でのワンショット!

大涌谷名物の温泉卵は、なぜか真っ黒。
食べた後はご覧の通り↑
富士箱根伊豆国立公園からの写真は何故かこれだけで終わりです。
2006-08-19(Sat)

タイトル変えようか思案中

「大和路&日本一周byなまず」
『テーマは『愛』身近な自然にふれあう喜び』
はとりあえず置いといて、
「笑ぅnamazu丼」(わらうなまずどんぶり)
はどうだろうと、只今思案中。。。。
ー追記ー
‘namazuのブログ’
とシンプルにしようかな。
2006-08-18(Fri)

TOKYO

池袋サンシャイン60の屋上からの夜景です。

↓中央奥のいっそう輝いている辺りが新宿歌舞伎町です。

この数えきれない光の下にはそれぞれ人がうごめいていて、
それぞれに複雑なしがらみの中、喜怒哀楽暮らしているのだなぁ〜

続きを読む

2006-08-17(Thu)

霧ヶ峰八島ヶ原湿原

霧ヶ峰には大きな湿原が3カ所あります。
一番広いのが、八島ヶ原湿原です。
珍しいトンボに逢えるのではと期待を膨らませて馳せ参じました。

↓広大さにあらためて感激中

続きを読む

2006-08-16(Wed)

東京へ向かう途中寄り道(霧ヶ峰)

中央高速諏訪湖SAから見上げる霧ヶ峰は雲に覆われ全く見えず。
「とにかく行ってみるべ」と高速を降り登る山道は案の定雲の中。
しかしこういうときに日頃の行いが効き目を現し、青空が見え始めた。
↓霧ヶ峰の草原に立つ吹き流し。

続きを読む

プロフィール

kyomiy

Author:kyomiy
テーマは愛

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ