2006-12-31(Sun)

楽しい一年でした。

2006年も本日で終わりです。
namazuのブログを見ていただいた皆さん、
namazuのブログにコメントをくださった皆さん!
おかげさまで、実り多い一年を過ごす事が出来ました。
あらためまして、
皆さん!この一年本当にありがとうございました。
明日から始まる2007年!
亥年!
namazuは亥です。
皆様!よろしくお願い致します。
2006-12-28(Thu)

仕事納め

今年の仕事は今日で終わり。
振り返ってみると、順調な一年でした。
お疲れさまでした。
(実は明日もこっそり出勤で仕事に追われます)

植物たちも一年お疲れさまでした。
↓ヘクソカズラ(今年の植物系の出会いNO.1はこれかな)

↓モミジ(これも春の新緑のときからずっと眺めてきたな〜)

↓紅葉(最後まで楽しませてもらったよ〜ありがとう)

↓地面でも冬の体勢。これをロゼット型というのですよね。
2006-12-27(Wed)

ヒヨドリ(伊賀上野城趾)

いまやどこででも出逢う鳥。
どんどん数が増えているのではないかと心配になるほどです。
とにかくにぎやかな鳥。
ドラえもんに出てくるジャイアンのイメージ。
小さな鳥が蹴散らされているように見える。

↓石垣の上から堀を見下ろして。

↓ぎゃー!ぎぃー!とうるさいほどです。
2006-12-26(Tue)

サザンカ(山茶花)

さざんかの花の色は何色ですか?
こんな質問にどう答えますか?


ひと月前の私は「サザンカ=赤い花」でした。
しかしブログで、本来サザンカは白い花だと言うことを知りました。
原種の白い花を園芸種に改良したのが白や赤やピンク色だそうです。
沖縄や九州では原種の白いサザンカが自生しているそうです。
上の赤い花は垣根として植えられてたサザンカ。
下の白い花は上野城前に立つ大木のサザンカ。
2006-12-25(Mon)

冬のアジサイ

ヤマアジサイの花(正確には萼)も秋にはまだ色を残していましたが、
今ではすっかり色が落ちてしまいました。
それでも殺風景な冬枯れの森ではアクセントになっています。



↓これは普通のアジサイでしょうか。(君君!まだ早いで!)
どの世界にもセッカチなヤツがいるようです。

23日24日と仕事漬けだったのでネタ切れです。
今年最後の週、とにかく仕事を片付けなければ年を越せませんから、、
ラストスパート。
2006-12-24(Sun)

伊賀上野城(白鳳城)

今の天守閣は昭和10年に建てられたもので、
木造の城としては日本最後の城ということです。

↓高石垣からの眺め。伊賀上野の街並と、山並みの向こうは滋賀県信楽町。

↓変身願望のある方はこちら(愛間亭)。変〜身!その1

↓ハリボテでは納得出来ない方はこちら。変〜身!その2

↓観光ポイントだけでなく、情緒ある街並を歩くのは、いいものです。
(クリックで大きくなります)
2006-12-23(Sat)

松尾芭蕉のふるさと

三重県伊賀市(旧伊賀上野市)は松尾芭蕉の生誕地。
市内には芭蕉ゆかりの地があちこちにあります。
詳しい事は芭蕉翁記念館のHP伊賀上野観光協会のHPでどうぞ

↓芭蕉生誕300年記念に立てられた「俳聖殿」の姿です。




↓なかには、芭蕉像が安置されています。伊賀焼の像です。
(伊賀市の隣は甲賀市信楽です。伊賀焼きと信楽焼は似ています)



↓投句箱。
笠をあげると用紙と鉛筆があり、すぐに投句出来るようになっている。
市内の主要施設にこの投句箱が設置してあります。さすが芭蕉の町。
季節ごとに集めて、優秀作品が選ばれます。

都会から遠く離れた空気のなかで、伊賀忍者や松尾芭蕉のゆかりの地を
俳句など考えながら、のんびり散策するも面白いですよ。
2006-12-22(Fri)

ビンズイ(伊賀上野城趾)

伊賀上野城の堀端の松林のなかで、
数十羽の小さな鳥が地上に降り立ちました。
初見の鳥でした。
中途半端な私の鳥知識で妻に「アオジアオジ」とささやきながら、
シャッターを押していました。
帰って図鑑で調べると、アオジでなくビンズイでした。
「ビンズイ??!!」何じゃこの名前?
広辞苑で調べると「便追・木鷚」となっている。
よけいに「???便追???」なんのこっちゃ?です。
だから私勝手に、
郵便屋さんでも追っかける癖があるのかな。なんてそんなバカな…
どなたか、
ビンズイの名前の由来をご存知の方いらっしゃいませんか?



2006-12-21(Thu)

ツグミ(上野森林公園)

渡り鳥のツグミが団体でやって来たようです。
数十羽のツグミとヒヨドリがごっちゃになって、
林の中は、とても騒々しいのでした。

↓今度の冬はこの辺りで暮らすとするか!

↓何か動いたぞ。視力10.0の実力をみくびっちゃぁいけないよ。

↓ミミズご飯。確かこの辺りだと思ったんだけどなぁ?

↓あら、見てたのね?
2006-12-20(Wed)

HY(エイチワイ)コンサート

昨夜12月19日、大阪城ホールでのHYコンサートに行って来ました。
会場内はもちろん撮影禁止です。開始前に一枚だけパチリ!
もー大変でした。ひとひとひと若い若い若い!

年甲斐も無くと笑われそうですが、HYの大ファンでございます。
はじめて彼らの音楽を聴いたとき「歌を楽しんでるな〜」と注目。
型にとらわれない自由な新しい楽しい曲に惹かれました。

路上でギター一本で歌っているストリートミュージシャンにとても惹かれます。
一匹狼と言うか裸一貫というか、「がんばれ〜」と応援したくなります。
そんなストリート(路上)系の大御所がこのHY(エイチワイ)です。

大感激、喉からからの一夜でした。
そしてHYファンの皆さんもいい感じでした。
(思った通りでした。気取らない馬鹿騒ぎしない)
2006-12-19(Tue)

三重県上野森林公園12月17日

↓あれから一周間後の干し柿です。すべて平らげました。
 食べ残さないところが、とても気持ちイイです。

↓ドウダンツツジの新芽。マッチ棒のように小さくて先だけ真っ赤です。


↓水面の太陽のきらめき。きらきらきら。

↓バトンタッチ。朽ちてゆく葉と春を待つ新芽。

↓赤い葉っぱが、まだ残っていました。

冬枯れの風景が始まりました。虫も緑も花も無いさびしさがありますが。
葉っぱが落ちて明るくなった森は野鳥がよく見える季節でもあります。
2006-12-18(Mon)

カシラダカ(上野森林公園)

飽きもせず今週も上野森林公園に行ってきました。

↓本来ならボツ写真ですが、カシラダカ(頭高)のカシラが写ってますので。

↓人の顔を見るなり一斉に薮の中へ逃げた。当然私も薮の中へ。

↓かなりの恥ずかしがり屋。やっと撮れた1枚。
2006-12-16(Sat)

三重県上野森林公園

最近私のお気に入りの場所になった森林公園です。
《三重県上野森林公園のHP》

↓整備された道が敷地内を巡っています(クリックしたら大きくなります)

↓ビジターコテージの玄関。中にクリスマスツリーが置いてありました。

↓館内にはネイチャークラフトの作品があちこちに。

↓外壁には「鳥のおやつ」でしょうか?

↓森林の中ではヤマアジサイがうつむいてますがガンバっています。

2006-12-15(Fri)

初冬の情景(上野森林公園)

落葉樹の葉は落ち見通しがよくなった森。
さぁ冬の始まりです。
植物たちも冬支度を始めました。

↓冬支度1。半年間花を咲かせ続けた睡蓮

↓冬支度2。

↓冬支度3。

↓冬支度4。ウメバチソウ

↓冬支度5。もみじ

↓冬支度6。ドウダンツツジ

↓おまけ。色にひかれて
2006-12-14(Thu)

イルミネーションinマイホーム

クリスマスシーズンですね。
町もブログもイルミネーション盛りなので、
namazu家も・・・・

↓前姿

↓後姿

↓アップで。黄色い実はヘクソカズラです。

野山歩きでコツコツためていた松ぼっくりや蔓で作りました。
青い光はヒャッキンで、105円でした。
銀の鐘も7ヶ入りで、105円です。
作品名は「X'mas蔓ツリー2006」
ヘクソカズラって今年初めてブログで教えてもらったのですが、
結構そこら中にあるものなんですね!ビックリ!
何と、うちの門扉の脇に自生していました。
さらに、庭の山椒やグミの木にたくさん絡まっていました。
得した気分でした。
2006-12-12(Tue)

メジロ(上野森林公園)

これもまた、住宅の生け垣などでも見かける鳥です。
しかし枝の中に入るのがお好きな様で、
なかなかシャッターチャンスに恵まれませんでした。
今回も枝の奥の方にいましたが、
珍しくジッとしてくれていました。ラッキーです。



この鳥を見つけたのは妻でした。
「おとーさん!ウグイス!ウグイス!」
その一言で見る前から私はメジロとわかりました。
近寄ると案の定メジロでした。「これはなぁ!メジロや」
「ウグイスはなぁ〜〜こんな色ではなくて〜」
そんなくだらない話をしている場合ではない。
逃げられないうちに、写真撮影。
世の中にはメジロをウグイスと思っている人がたくさんいるようですね。
『梅に鶯』の挿絵に問題がありそうです。
この鳥はホーホケキョとは鳴きません。ホーホケキョと鳴くのがウグイスです。
ウグイスの姿はこちらです。
2006-12-12(Tue)

コゲラ(上野森林公園)

キツツキです。
スズメぐらいの可愛いキツツキで、
この鳥もよく出逢います。
奈良公園や大阪城公園などでもよく見かけます。
キツツキらしく、コツコツせわしなくやっています。



↑何か収穫があったようです。
2006-12-11(Mon)

ジョウビタキ(上野森林公園)

冬にやってくる渡り鳥。オレンジ色が美しい鳥です。
町の公園にもやってくるので、公園散歩の折は見つけてくださいね。
(今年の2月には梅田の街路樹で見つけました。大阪城公園にもいました)

↓可愛し、都会にもくるほどですから警戒心も薄く愛想がいい。

↓後姿。別名「紋付き鳥」と言われる白いマークがみえる。

↓近づきすぎた私に向かって何か言ってます。
2006-12-09(Sat)

赤目四十八滝12月3日

残念ながら、紅葉は終わっていました。
なのに219枚も写真を撮りました。
なのにブレブレでボツばかりです。
紅葉がないので、滝や水の流れをスローシャッターで撮りました。
三脚も無いのに。無謀でした。
(じっとしている筈なのにぶれる。修行が足りん)

平地では紅葉真っ盛りなのにと思い、
早々に下山して岡寺に向かったのでした。

↓落ちて水に沈んだもみじ

↓布引滝

↓鉄の橋から見た布引滝

↓布引滝の上から見下ろした鉄の橋
2006-12-08(Fri)

もみじ。色々。(何々と椛ツーショット編)

続いてます(西国三十三カ所巡礼の七番札所の岡寺)。

↓20(甍と椛)

↓21(仏像と椛)

↓22(本堂と椛)

↓23(三重塔と椛)

↓24(九輪と椛)

↓25(山門と椛)

↓26(獅子瓦?と椛)

これで、岡寺のモミジは終わります。
今季の紅葉は、休日=雨。で、ほとんどあきらめていましたが、
ラストチャンスの岡寺紅葉狩りが、晴れて、嬉しくて撮りまくりました。
駄作ばかりを26枚も並べてしまいましたが、どうでしょう?しつこいですが、
『何番がお好きですか?』
2006-12-07(Thu)

もみじ。色々。(黄色や緑色も忘れて編で)

すみません!まだやってます。

↓14

↓15

↓16

↓17

↓18

↓19

皆さん!お答えありがとうございまた。
皆さんの好みを聞くのは楽しかったです。
「まだやっとんのか」の声が聞こえそうなので終わりにしたいと思います。
えっ?17番ですか?
だ、か、ら、終わりにしたたた・・・・
「19番!」ってあなた
いやいや・・・まいったなぁ。

アサギマダラの夢が「たぬ代とだんなのブログ」さんのところに出現!!
↑tanuyokoseさんありがとうございました。
2006-12-06(Wed)

もみじ。色々。(炎の赤色情熱編)

なぜにここまで赤くなるのか?
大空に勢いよく飛び立つために、
自ら炎と化し発射準備をしているのかもしれません。
昨日の続編赤赤赤です。
↓7

↓8

↓9(エナガが遊んでいます)

↓10

↓11

↓12

↓13

今朝から仕事に追われバタバタと。今一息ついてます。
暇そうなnamazuも、まじめに働く時もあります(うそです。いつもまじめです)
皆様の所にはあすにでも遊びにお伺いします。
1番から7番の紅葉選んでいただきありがとうございました。
1番が一番人気のようですが、好みが分かれる所がまたいいですね〜。
とても興味深く楽しませてもらいました。
2006-12-05(Tue)

もみじ。色々。(やさしい色編)

↓1

↓2

↓3

↓4

↓5

↓6

柔らか系の色を集めました。
何番がお好きですか?
2006-12-04(Mon)

岡寺(龍蓋寺)おかでら・りゅうがいじ

久し振りの休日の晴れ。
午前中は赤目四十八滝へ。(しかし紅葉は過ぎていた)
午後より岡寺の紅葉を期待して出かけました。
青空が何よりうれしいのでした。

↓駐車場の坂を上ると迎えてくれた紅葉。

↓青空と岡寺山門。

↓本堂と青空。青空が嬉しくて、空を多めに!

↓三重塔



↓本堂

参考までに、
西国三十三カ所巡礼の七番札所がこの岡寺(龍蓋寺)で、
先週紹介した長谷寺は、八番札所です。
久し振りの青空で、
紅葉を楽しみました。紅葉の写真は明日以降に。

アサギマダラの夢の画像を更新しました)
2006-12-02(Sat)

長谷寺の巻、完結編。

一週間の長谷寺の巻に、お付合いくださいましてありがとうございます。
今日で締めくくります。
一週間のまとめという事で、地図で全体を把握します。

↓長谷寺境内案内図(入り口で頂いた栞をコピーしました)
 (クリックしたら大きくなります)

↓私の歩いたコース(白矢印)(クリックしたら大きくなります)

黄色の1〜4はnamazuお気に入りビューポイントです。
しつこく再登場の写真もあります。
↓1の愛宕社からの風景

↓2の天神橋からの風景

↓2の天満宮からの風景(旅館や土産物屋が並ぶ参道)

↓3の竹やぶ脇からの風景

↓4の本堂からの風景

↓本堂のさらに上の絵馬堂から見た本堂と鐘楼

↓駅近くの参急橋にいつもいるアイドルのバリケン。

しつこく続けた長谷寺編。これにて終了です。
2006-12-01(Fri)

愛宕山から長谷寺を望む

↓愛宕山全景です。長谷寺本堂の舞台から見ています。
 紅葉の山が愛宕山です。A地点からB地点へと歩きました。

旅館や土産物屋が並ぶ参道を長谷寺とは反対の南側に折れてすぐの山です。
今回この山に登って降りて来るまで誰にも会わなかったです。
長谷寺には大勢の人が来てもこの山に登る人はほとんどいないのです。
ここからの長谷寺の眺めは最高です。独り占めして来ました。
↓こんな足場のしっかりした道を登っていきます。

↓A地点です。足場もよく、邪魔な木もなく、長谷寺がよく見えます。

↓A地点からの長谷寺全景(曇天なのが残念ですが)

↓A地点から、本堂と、登廊。(仁王門が見えないのが残念)

↓A地点から、五重塔。

↓A地点から、足下も入れて長谷寺全景。

↓A地点からB地点には、苔むした石段を上ります。

↓B地点は広場になって中心に愛宕社の祠が建っています。

↓B地点、おおきなモミジの林は迫力ありました。



↓B地点、樹間より長谷寺がみえます。


↓向かって右の山が与喜山(天神山)。初瀬の大銀杏も見えています。
 左側が長谷寺で、本堂が見えています。中央奥は初瀬ダムの堰堤。

おまけを二つ。
↓愛宕山の北側は長谷寺ですが、南側の景色はこんな道の向こうに見えます。

↓足下に国道165号線が通り棚田があり、その上を近鉄大阪線が走ります。
プロフィール

kyomiy

Author:kyomiy
テーマは愛

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ