2007-05-31(Thu)

ハラビロトンボ

名前通り、腹が平たいトンボです。
春のトンボは皆きれいですね。
婚姻色(というのかどうか知りませんが)を出し、
異性に精一杯アピールしています。
オスはなんたって鼻のサファイアでアピール。
キラキラ光らせてメスのハートを射抜くのでしょう。

↓当地にはハラビロトンボが多いです。黄色いメスです。

↓青いオスです。鼻のサファイア!光ってます。

↓メスはどのオスにしょうかと思案中。ここも決定権はメスにあるのでしょうか?

↓よく見るとメスの鼻にも青色があった。オスほど輝いてはいませんが。

トンボの季節になりました。少し出遅れた感じのnamazuですが、
これからトンボだらけになります。みなさん、飽きて、呆れてください。
2007-05-30(Wed)

ミヤコグザ

ひさしぶりに近所のため池(マイフィールド)に行ってきました。
野草たちは着々と葉を茂らせ、トンボは飛び交い、にぎやかな鳥のさえずり
すっかり初夏の風情になっています。
池面には、カイツムリとカルガモそしてカワセミ。
いつもの連中がいつものように居てくれてなんだかうれしい気持ちです。
花たちもいろいろ咲いています。
アカツメ草、シロツメ草、ニワゼキショウ、アザミ、タンポポ、タツナミソウ、、、
今回紹介するのは黄色い花の「都草」。いい名前でしょ?

↓早朝の池の土手を登るとアカツメ草が迎えてくれました。

↓赤いのはアカツメ草。黄色いのがミヤコグサ。

↓名前に負けないきれいな花です。




花に疎い私は当然この花も名前も先日まで知りませんでしたけれど、
ちゃっかりブログ(リンク先の「フッと立ち止まって野の花・野の鳥」さん)で
勉強させてもらっていました。
黄色い花を見つけた瞬間「あったー!これやー」
という訳で、這い蹲ってパチパチ撮ってきたのです。

いつも同じことを言うのですが、
野の花も名前を知っているのと、知らないのとでは大違いです。
2007-05-29(Tue)

おふさ観音、さらに奥へ。円空庭と茶房おふさ

おふさ観音さんの前庭のバラで満足して帰ってしまう方もいるかもしれないが、
じつは奥深いお寺なのであります。
本堂横のバラのアーチをくぐって本堂裏にもバラ園は続いています。
そして、スッポンもすむという亀池。
さらに軒下を進めば大きな鯉池があらわれます。
この池を中心とした庭が円空庭。そしてさらに奥へ。
突き当たりは大きな、年代を感じる建物。ここが「茶房おふさ」。
靴を脱いで、大広間の緋毛氈に座り、縁側の円空庭を眺めながら、
喫茶や軽食ができます。

↓本堂裏で見つけたバラ、その名も「プリンセスアイコ」

↓軒下にはユキノシタの花が咲いていた。

↓鯉の池。向こうの大屋根は「茶房おふさ」

↓「茶房おふさ」の座敷に座って庭を望む。

↓私は抹茶アイス小倉あん白玉団子入りをいただきました。

↓実はこのおふさ観音さんは入場料無料なのです。
 さらにおみくじまでいただきました。それがまたすばらしいのです。
 「華おみくじ」です。

↓一枚目を開くと

↓二枚目を開くと

↓「末吉」でした。

↓トイレの話。山門を入った所に近代的なトイレがあります。
 男性用には「善男」と札があり、私が入っていいものなのか悩みパス。
 一番奥の「茶房おふさ」の「厠」をお借りしました。
 ここでいう「トイレ」と「厠」のちがいがわかりますか?
 ぜひ現地でご確認してください。おすすめは「厠」。インパクトありますよ。
 あいにく「厠」の写真はありません。↓は「善男専用トイレ」

↓じゃじゃじゃじゃ〜ん「もくらどん」です。すみません蓮華草さんピンぼけでした。
2007-05-28(Mon)

おふさ観音のバラ

蓮華草さんのブログで紹介されてた「おふさ観音のバラ」を見に行ってきました。
駐車場がいっぱいなので少し離れた藤原京に車を止め、バラのお寺に向かいました。

↓年代を感じる集落を歩いてておふさ観音へ向かいます。

↓山門(入り口)です。

↓いきなりたくさんのバラが迎えてくれます。本堂裏にもバラは続きます。

↓バラいろいろ






↓絵馬にもバラが

↓バラのトンネルを通り裏庭の円空庭に向かいます。

なんとこの日に蓮華草さんもこられていたとのこと!
ニアミスだったのか、気づかずに顔を見ていたのか見られていたのか。
「私はなまずです」と名札を付けていたらよかったかな。
2007-05-26(Sat)

ツボスミレ


この美しき花は
純真なか弱き姫なのか?
姫に化けた魔女なのか?
さぁどっち?

通りがかった白馬の王子は
美しき花に吸い寄せられる

幸せ笑顔でリンゴをかじるのか?
正義の力で仮面を引き裂くのか?
さあどっち?

操る方と操られる方
操っているほうが、
実は操られているのかも
これを考え始めると
きりがない

亭主関白と言ってる親父ほど
うまく奥さんに操作されてるように見える
マインドコントロールって、怖いですよね!

か弱き嫁は旦那の力をコントロール。
司令塔な嫁と突撃兵な旦那。

か弱き美しい花、身動きできない花。
白馬の王子を思いのままにコントロール。
「王子は私の思うツボ」

ひっそりと澄まし顔のツボスミレを眺めしばし想う。
2007-05-25(Fri)

矢印


誰がそこに矢印を置いたかはしらないが、
無意識にその方向に行ったり、見たり、、、、
してしまう。
とりあえず私は矢印と反対方向へ行く。

世の中には暗黙の了解みたいな目に見えない矢印が
押しつけがましくあちこちに置いてる気がするのです。
たいがいそれは良心の矢印ではなく、
たいがいそれは企みが隠されている。
と、思うのです。
反対方向には矢印の真の意味があるし、
なにより、みんなと一緒の方へ行くのは、
苦手。

(注:最近嫌なことがあった訳ではないですが)
2007-05-24(Thu)

人生いろいろ


あれもやってみたい、これもほしい、あっちも気になる。
熱しやすく冷めやすい性分のおかげで、ずいぶん蛇行した気がしてます。
時間という流れのおかげで、なんとか前進はしているようですが、
これや!と全身全霊で進んだ道もいつの間にやら消えていたり、、
これしかない!と燃え上がった心の炎も三日坊主で、鎮火。。
懲りずに同じことを繰り返している気もしてます。
しかし、時間という流れのおかげで、ちゃんと歳だけは前進してます。
決して好きで蛇行してる訳ではありません。
気持ちはいつもまっしぐら。一本筋の通った男でいたいから、、、

「あんたは、人の話、聞かんからなぁ〜」
2007-05-23(Wed)


初夏のさわやかな風
輝く風景
たっぷりある時間の中で
雲をながめ、
あの白いのが中部国際空港だよ
なんて会話中。
2007-05-22(Tue)

亥年ごとに思うこと

1959年5月19日亥年生まれ。
   高度成長、東京五輪、新幹線、万博、アポロ
   [野山で暗くなるまで遊んだ事。大阪万博の事。]
1971年(12歳)
  フォークソング、オイルショック、マクド、スターウォーズ
   [大阪に転居。東京へ。自転車日本一周の旅。就職。]
1983年(24歳) 
   エイズ、TVゲーム、テーマ博、バブル崩壊
   [結婚。子育て。仕事。]
1995年(36歳)
   阪神大震災、いじめ、オウム真理教、地球環境
   [仕事。仕事。仕事。]
2007年(48歳) 現在

2019年(60歳)

2031年(72歳)

2043年(84歳)

2055年(96歳)

2067年(108歳)

2079年(120歳)

2091年(132歳)

2103年(144歳)
オイオイ!何歳まで行くつもりや

12年ごとに来る年男。区切りの年。
振り返ってみるといろいろ事があった。
長いような、短いような、遠いような、近いような、
無事に48歳まで来れた安堵と、
次の年男には生きているのか?という不安。
いつどうなるか分からない人生だからこそ、
「今を生きている喜び」を感じていたい。
「死ぬとき」はいつの日か間違いなく必ず
イヤでも来るのだから。
2007-05-19(Sat)

マツバウンラン(上野森林公園)

地面から3,40cmの高さにヒューッとのびる茎。
わずかな春風にも涼しげに揺れています。
うすむらさきの小さな花もまばらで、いっそう涼しげな花です。
その雰囲気をうまく写真にできれば良いのですが無理です。
なので言葉で表現します。
「さわやかで涼しげな気分にさせてくれるマツバウンラン」

↓地表からまっすぐのびる。

↓互いの距離感がいいです。風通しよく。

↓花は小さいです。デカイ顔しないところがいいです。

↓真上から。花は太陽を見上げています。

↓涼しげな雰囲気、、、、どうでしょう?

↓エナガ。初夏の光に頭が一段と光っています。
2007-05-18(Fri)

上野森林公園の春

4月29日(日)久しぶりの休日は、
上野森林公園芝生の丘に寝転がっての〜んびり。
木陰で弁当を食べてごろごろ。裸足でうろうろ。
空気はいいし静かだし。いい気分でウトウトと。

↓時間がゆったり流れます。

↓新緑。森林は公園の主役です。

↓ハルリンドウの花があちこちに咲いています。


↓カタバミの花。

↓タンポポ。

↓タチイヌノフグリ

↓レンゲ

↓ドウダンツツジの花とクマバチ

↓スミレ

↓ムラサキサギゴケ?

↓???。ヒメハギ←教えていただきました。

↓モミジの花

↓ヒヨドリ
2007-05-16(Wed)

鬼押出し

浅間山の鬼押出し。
写真でしか見たことのなかった場所。
想像していたのと違った事といえば、、
え”ー!、入園料取るの!
え”ー!、仁王門から入るの!お寺なのか?!
え”ー!、浅間山に向かって鐘うつのー?
古代より日本人は山を神と崇め祀って、
山に向かって鳥居を立て祠を建て、念じてきた。
が、それは神社であり、お寺ではなかったはず。

私はただ雄大な浅間山と広大な溶岩だけを想像し、
楽しみにしていたのであります。
こんな雄大な自然に目を向ける事なく土産物屋の
きらめきにコントロールされる人々。あ〜ぁ

↓浅間山。この日も少し噴煙を上げていた。

↓遠くに廃墟になった建物がある。

↓お堂と五色旗。まさにお寺。

↓釣鐘。(余談ですが、鐘を撞き礼をする義父の後姿に軍人を感じました)

↓賽銭箱ならぬ賽銭岩!
2007-05-15(Tue)

ヤマカン

NHK大河ドラマ「風林火山」の主人公、
山本勘助!
日頃よく使う言葉「ヤマカン」が、
山本勘助から生まれた言葉だったのです。

↓山勘のことを書いている石碑。(胴合橋:勘助の切られた首と胴を合わせた場所)

↓峠の釜飯。アンズが入っていました。

千曲川沿いに広がる八幡原(はちまんぱら)の川中島古戦場にある
博物館では川中島の合戦をじ〜〜っくり勉強できました。
勉強の後の蕎麦と釜飯もおいしかったのでした。
これで大河ドラマもよりいっそう楽しめます。

山勘=勘だけで生きている私には親近感のあることばです。

GW明けも相変わらず忙しくて、皆様の所に訪問できずにいます。
コメントをくださったみなさん、ありがとうございます。
2007-05-09(Wed)

善光寺詣り

一生に一度はお伊勢参りや
一生に一度は善光寺詣り。
熊野詣や四国八十八ヶ所や富士山。
日本人として、ここに参らずには死んでも死にきれん!
なんて、漠然と思ってるのは私だけでしょうか?
ま、そんなおおげさな話ではないのですが、
有名な善光寺詣りにいってきました。

↓木造のでっかい本堂です。

↓仲見世と仁王門です。

↓仁王さん

↓肩こりが治りますように〜なでなで(年感じます)

↓「闇」です。目を凝らしても無駄です。

朝の早よから人の多い善光寺さんでしたが、一番の思い出は、
何と言っても「闇」。
本堂内々陣のご本尊さんの床下を巡る「お戒壇巡り」です。
半端じゃないんです。
何がって、暗闇が、、、、100%です。
遊園地のお化け屋敷の暗闇度は75%ぐらいでしょう。
ここは強烈100%真っ暗です。
ここで心臓マヒを起こして気絶した私は
人々に踏まれ、踏まれまた踏まれペタンコになっても
誰にも気付かれず床の一部となってしまうのかなぁ。
なんて心配をしながら、
前を行く義父の手をチョロリチョロリ触りながら、
後の人にはチョロリチョロリ触られながら、私は、
今地震来たらドナイナンネン的暗闇を歩くのでした。
2007-05-08(Tue)

1548.6kmの道のり

GW3泊4日、走行1548.6kmの旅。
と言われてもピンとこないので、
地図上に1548.6kmの道のりを書き入れました。

↓3日の東名高速浜名湖SAの風景。いきなりの渋滞のお陰でここで弁当タイム。

↓4日の関越自動車道赤城高原SAから見た谷川岳。この山の向こう側が新潟県。

↓4日の長野県飯山市の道の駅「花の駅千曲川」前の広大な菜の花畑。


幸運にもちょうど「菜の花まつり」の時期でした。
唱歌「朧月夜」はこのあたりの風景を歌っているそうです。
1.菜の花畠に、入日薄れ、
見わたす山の端(は)、霞ふかし。
春風そよふく、空を見れば、
夕月かかりて、にほひ淡し。
2.里わの火影(ほかげ)も、森の色も、
田中の小路をたどる人も、
蛙(かはづ)のなくねも、かねの音も、
さながら霞める朧月夜。
2007-05-07(Mon)

新潟県中越地震

新潟県中越地震から2年半の年月が過ぎた現場に行って来ました。
そこは義父の故郷で小千谷市荷頃という山村です。
棚田や鯉池の多くは崩れたままですが、
水を引き田植えの準備をされている田も見えました。
あたりの山は崩れて地肌をむき出しにしている箇所がたくさん見えます。
案内してくれた義父の甥が
「家も、鯉池も、田も、何もかも無くなってしまいました」といい、
「いまやっと鯉池を補修し始めている」と言っていました。
その棚田を見下ろす場所から見た風景はとても美しいものでしたが、
よく見るとほとんどの田が崩れたままです。
「昔は手入れされた田んぼに水が張られると、凄くきれいだったんだよ」

↓これがその棚田の風景です。

↓補修し蘇った鯉池。

↓義父の実家のあった場所で咲いていた水仙。
2007-05-06(Sun)

我が家へ


東京への帰省から戻って来ました。車のトリップメーターは1548.6kmでした。
2007-05-05(Sat)

長野から練馬へ


長野市内に泊まり、早朝から
善光寺参り、川中島古戦場趾、鬼押し出しを巡り
夜、練馬区に帰着
写真は上杉謙信と武田晴信の像です。
2007-05-04(Fri)

新潟から長野へ


義父の実家に墓参りです。関越道を北上し新潟県小千谷市から山に入って行きます。山古志村の隣村、義父の実家も村も壊滅状態。家はなくなり皆、小千谷市内に泣く泣く転居。私達は新しい家でゆっくりさせていただいた後長野に向かいました。
写真は関越道から見えた谷川岳です。
2007-05-03(Thu)

練馬区大泉学園


連休を利用して妻の実家に来ています。
練馬区にはまだ畑が結構残っています。
東京23区といえどものどかな所もあります。
2007-05-02(Wed)

長谷寺_ボタンと新緑

室生寺と長谷寺をハシゴしました。
長谷寺は元祖花の寺(私はそう信じています)ですから。
年中切れ間なく花が咲いていますが、中でもボタンは有名ですね。
人もいっぱいです。

↓仁王門と吹き流し??
(鯉のぼりの季節ではありますが、鯉のぼりではなく五色の仏旗でしょう)

↓仁王門をくぐると登廊。

↓登廊の脇はボタンの花園


↓若葉から漏れる光は、気持いいですね〜

↓ヤマブキと本堂。八重咲きのヤマブキはコロンコロンしてて可愛かったです。
2007-05-01(Tue)

室生寺_シャクナゲと新緑

初夏を感じさせる太陽の光。
木漏れ日に煌めく境内。
き・も・ち・い・い〜〜
満開のシャクナゲとハナズオウ
大勢の観光客も何だか今日は友達気分。
階段を上るたびに現れる伽藍、木立をくぐる風。
春爛漫の女人高野室生寺です。

↓入り口は室生川を渡る太鼓橋。

↓仁王門をくぐると最初に現れる鎧坂(石段)

↓木漏れ日に煌めく本堂。(弁当を食べながらパチリ!)

↓大きな杉木立の中、存在感を示す五重塔。

↓室生寺の花と言えば、シャクナゲですね。

↓シャクナゲと鎧坂

↓シャクナゲと五重塔

↓ハナズオウの赤色も鮮やかでした。

↓ハナズオウの花
プロフィール

kyomiy

Author:kyomiy
テーマは愛

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ