2008-02-29(Fri)

片岡梅林の続き

奈良公園の南端にある鷺池に浮見堂があり
北側の坂を上がると片岡梅林です。

↓鷺池に浮かぶ浮見堂とその向こうが片岡梅林(これは1月の写真)

↓黄色い服の人の所に立つと眼下に浮見堂が見えます。

↓お気に入りの写真です。

寒さも今日はちょっと緩みました。日曜日もいい天気になりますように。
2008-02-28(Thu)

梅だよりの続き

片岡梅林のつづきです。
ほんとうは寒い日だったのですが、
写真にはあまり寒さが伝わらないですね。
とくに太陽の光があたると、気持ちいい写真になります。
太陽sun、ありがとうsun!

↓紅梅に太陽sun!

↓白梅もさわやかsun!

↓蕾にもあったか光りがsunsunと!

春は近いです。
2008-02-26(Tue)

奈良公園内の梅

この日(24日)の順路は。
車を入江泰吉写真美術館前の駐車場にいれ
まず当美術館の見学。
奈良町散策のあと奈良公園内の片岡梅林へ梅見。

梅は咲き始めていました。
2008-02-23(Sat)

散歩道

いつもの池を過ぎて少し高台に上がり振り向いた景色です。
一番奥のとんがった山は大和富士(額井岳)です。
三重県から奈良県の山を見ています。

↓手前の枯れ枝に絡んで光っているのがこれ。

↓そして足元には青い星たちが

↓星に見えない方!これでどうです?(photoshopトーンカーブ使用)
2008-02-22(Fri)

《告白》

私、

今。

・・・・浮気しています。

天秤にかけるつもりは無いのですが、

裏と表。よそ行きと普段着。本音と建前。二足のわらじ?

しかし、

そんな器用に使い分けることはできなくて、、、
このnamazuのブログは私にとって大切なブログです。
だから、プライベート用に大事にしたかったので、
商売っ気の感じるギャラリー用に(ほんとは商売っ気0%なんですけど)
別ブログを立ち上げてみました。
しかし、使い分ける技量は全くなくて、
同じようなブログが二つ出来てます状態です。(泣)
皆さんには内緒で、ヤフーブログに浮気してました〜。
もし暇を持て余しておられましたら、
こちらを覗いて不器用さを笑ってやってください。
単細胞のB型には無理な挑戦だったのかもです。

ついでに予告です。「第二回ブログの友達!写真展」を5月にやります。
(応募詳細が決まり次第お知らせします)
って、、結局ここでギャラリーの話を持ち出している、、私はB!


2008-02-14(Thu)

オオイヌノフグリ3(青の星雲)


ボケてしまえば何だったか分らないで少し説明を、
黄色ボケ→タンポポ
青色ボケ→オオイヌノフグリ
緑色ボケ→オオイヌノフグリの葉っぱ
赤色ボケ→スイバ(スカンポ)の葉っぱ
肌色ボケ→冬枯れの草

そろそろオオイヌノフグリは飽きましたか?
/(*^_^*)
2008-02-13(Wed)

オオイヌノフグリ2(青の星雲)

道端に膝をつき、うずくまりファインダーを覗く。
万華鏡のような煌めきの世界。今ハマっています。

↓花をぼかして蕾にピント合わせたり、、

(タムロン180mmマクロ)
2008-02-12(Tue)

オオイヌノフグリ(青の星雲)

2月11日いつもの池に小さな春を探しに。
寒いのはご免と、靴下二枚に上着も着れるだけ着て出かける。
ぽかぽか陽気で着過ぎた身体は汗まみれ。

オオイヌノフグリだけが元気よく咲いていました。


以前にも書きましたが私はこの花を勝手に「青の星雲」と呼んでいます。
※予告
明日もあさっても「オオイヌノフグリ」です。他に収穫無かったですから。
2008-02-09(Sat)

スズメ

考えてみればスズメも不思議な鳥ですね。
かなりの人間依存症です。
人のいる所にスズメあり
過疎で廃村になるとスズメもいなくなると言う。
自宅前の電線には串刺しのようなたくさんのスズメ。
歩いて10分の池に行くとスズメはほとんどいなくなる。

↓自宅前のスズメ。長靴はいて、いつもの池に歩いて向かいます。

↓家を出て2分の踏切で(踏切上がるまでの暇つぶし写真)

↓家を出て5分の田んぼで。(黄色いのはカワラヒワ)

↑クリックで少し大きな画像になります。
↓いつもの池。珍しくスズメがいました。カシラダカと一緒に。

この池でスズメを見る事はほとんどないのですが、
この日は雪が積もっていたので何かがちがったのでしょう。
2008-02-08(Fri)

マイロード

いつもの池のこんな道。
時間を忘れて歩く道。
人によっては、ナ〜ンも無い道だけど、
私には、タカラの道であります。

↓ただの杭ですが、私には期待一杯の杭です。なぜって?

↓こんなかたが止まりにくるかもしれませんから。
2008-02-07(Thu)

コゲラ

仕事に追われる日が続いています。
鳥たちも雪が降ったからと塒で寝ていては、
クイッパグレル!ってことで
一生懸命エサを探しています。
人がいるのもおかまい無しにコツコツと木を突っついています。
私もセッセと仕事に励みましょう。食う為に!
2008-02-06(Wed)

いつもの池

2月3日日曜日は雪が積もりました。
長靴をはいていつもの池を目指します。
足の指がちぎれそうな冷たさで早々に退散でした。

↓雪景色。それでも鳥たちは元気です。

2008-02-05(Tue)

奈良県明日香村甘樫丘

冬本番の明日香路ですが
日当りの良い道端にはちょっとだけ
春の兆しが見えました。(1月27日)
鳥たちも良い遊び相手になってくれました。
明日香にくれば登る甘樫丘からの風景です。

↓西側。奥の大きな山は葛城山。山頂へはロープウェイがあります。
 葛城山から見下ろした明日香の風景もいい感じなんです。

↓北北西。大和三山の畝傍山と耳成山が両脇に見え、遠くには、
左から二上山、信貴山、生駒山、矢田丘陵が見えています。
この甘樫丘に桜が咲くと実に爽快な風景となります。

↓東側。飛鳥寺が眼下に。山を迫り上がって行くと八釣の里。数えきれないくらい
明日香に来ていても、八釣には行った事が無い。次回はぜひ八釣へ行きたいです。

↓ことだまさん。有名なランチを目指して11時にやって来たのに、
もういっぱいで入れませんでした。予約が必要のようです。
2008-02-02(Sat)

モズ(明日香村)

漢字で書くと「百舌」
百枚の舌
ある日カワラヒワが鳴いているなぁと見上げると
モズだった事があります。
他にどんなモノマネができるのか聞いてみたいものです。
秋の「高鳴き」も有名ですね。
そらから「ハヤニエ(早贄)」も有名ですね。

↓Mr.インクレディブル風のメイク

↓嘴が猛禽の証

モズの印象は、
可愛くて毛並が綺麗でスタイルもよくて
大きな頭は賢そうに見えます。
ゆっくりじっくり観察したい鳥ですが、
逃げるのも早いのです。
2008-02-01(Fri)

シメ(明日香・甘樫丘)

甘樫丘の展望台付近で発見。
目の高さの枝に止まってました。
ラッキー!初見の鳥です。
ごつい嘴が印象的でした。
帰宅して図鑑で調べると「シメ」

「シメ」とはまた変わった名前ですねぇ
経理の人は「〆日」を連想するだろうし、
お母さんは赤ちゃんの「オシメ」を連想するかもしれないし、
何かをたくらんでる人は「シメシメ」なんて、、
シメっぽい顔をしてるからシメなのか、
逆から読むと、、、、、メシか、、、、、腹へってきた。
プロフィール

kyomiy

Author:kyomiy
テーマは愛

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ