2009-02-28(Sat)

広橋梅林(梅花編)

広橋梅林シリーズ最後の梅花編です。
時期が早いと言っても満開状態の梅も何本もありました。

↓この日は鉛色の空でした。なのに青バックです。
↓梅の花は綺麗ですが、枝も面白いですね。
↓谷越えの背景も晴れなら色気あったでしょうね。
↓この時は少し空が明るくなったようです。

↓微妙に三色。

↓もっとアップで撮っときゃよかったな〜

↓もっと広角で撮っときゃよかったな〜
↓ビワの花。たくましい木です。

↓オオイヌノフグリはめっちゃ元気でした。
↓場所によっては、赤色が入って色も濃厚でした。栄養過多かも?
これで広橋梅林三部作は終わりです。
できれば満開の晴れの日に再訪問したいですね。
奈良三大梅林のアノウ梅林や恒例の月ヶ瀬梅林もぜひ訪問したい所です。
写真はいつも相変わらず同じ様なものしか撮れませんが、
春の訪れ、あたたかくなった風をじかに感じれる素晴らしい所だと思います。
2009-02-27(Fri)

広橋梅林(道編)

遊歩道。
梅林を廻る道です。
残念ながら、花まだ&曇天ですので、
満開の梅花と、上着を脱ぎたくなるような日光を
思い浮かべながらご覧下さい。

急傾斜に広がる梅林を縫うように遊歩道が広がります。

↓梅見て風景眺めて、のんびり歩けるいい道です。

↓杉林を抜けたりします。

↓快適な遊歩道ですね。

↓横移動から縦移動へ。両脇に菜の花や水仙が咲いています。
右上に展望デッキが見えて来ました。
↓道が少し細くなって来ました。

↓さらに細くなり、ぼけっと梅見てたら落っこちそう。けど何だか楽しい。

↓さらに細く。いや限度越えてます。ネズミにはちょうどいい道幅です。

↓そしてあらわれたどこでもドア。見晴らしいい景色のナカに
どこでもドアを置いてくれたドラえもんに感謝です。
ドアを開けるとそこは別世界。我慢していたものがふぁーーっと爽快です。

↓このあと雨の降る中てっぺんの城跡まで登りました。案内板中程後ろ
「この周辺から眺める〜〜原初の感動」いいこと書いてますね。
しかし傘も無く濡れネズミの私たちは誰もいなくなった坂道を下り駐車場へと急ぐのでした。
2009-02-26(Thu)

広橋梅林(展望編)

奈良県三大梅林の広橋梅林に行って来ました。
(ちなみに他は、月ヶ瀬梅林と賀名生梅林)
梅の開花には少し早いですが
早咲きの梅もたくさんありました。
ここには初めて訪れたのですが、展望がよろしいのです。

↓金剛、葛城、二上山がよく見えています。

↓ここでお昼(弁当)をしました。ロウバイの香りがおかずでした。

↓立派な展望デッキ。無料で自由にご利用下さいとの張り紙付きです。

↓上から見下ろすと、そのデッキの立派さがわかるでしょう。

↓こんな『景色A』や。

↓こんな『景色B』を。

↓たして、『景色A+B』など、楽しみながら、

やっぱり梅の花が満開なら、それと太陽が出ていたら、
すんごくいい風景になるやろなぁ〜と思いながら、、
時折小雨に濡れながらの広橋訪問でした。
今回は「展望編」でした。次は「道編」と「梅花編」の予定です。
2009-02-18(Wed)

名張の朝

出勤前に車を走らせ、高台の神社まで行きました。

最近駐車場が作られたので気軽にいける良いスポットです。
勝手神社と言います。

↓駐車場から本殿に登る道で振返った風景。

↓本殿への階段。神さんが仰山いらっしゃるようですね。
↓本殿からの眺め。日の出の時刻ですが、残念ながらこんな感じ。
↓我家のある方向。いつもの池も私にはしっかり見えています。左端に

↓名張市の中心方向。名張川の向こうに「ひやわい」が見えています。
2009-02-16(Mon)

バレンタインデー

バレンタインデー
百貨店やチョコレート業界が仕組んだ罠。
そんなものに踊らされて、、、笑っちゃいますねー

そんな事いつも言ってる私。
本気モードのチョコレートを
頂いた事が無いモテない男のたわごとです。
むなしい春一番が私の背中を突っつきます。

と言いながらも
チョコレートもらいました!
涙チョチョギレル嬉しさであります。
しかし顔には出さず。もらってあげるって顔。

だってこれ、
「お父さんこれあげるわ。嬉しいやろ」
と言う娘から彼氏用の練習台、すなわち出来損ないを
捨てるのもったいないからトーチャンにやるわ。って代物なんです。

それでもトーチャンは月まで跳び上がるほど嬉しかったのであります。

後日談。
「トーチャンあのチョコレート食べた?」
「もったいなくてまだ食べてないよ」
「じゃ頂戴」と娘と嫁はんが食べちゃいました。
「このーメタボめが」とは、口には出さずチンとしていた私でした。
2009-02-13(Fri)

なまずのお守り

今年の初詣にいった大村神社の写真です。
「なまずの神社」でnamazuお気に入りの神社です。
「地震の神さん」ですから境内にはナマズの石像
なまず神輿、なまずお守り、私のケータイストラップも
ここのなまずのお守りです。


[#IMAGE|S56#]「ブログの友達!写真展2009」作品募集中です。[#IMAGE|S56#]
当初、予約フォームに不具合があって迷惑をおかけしました。
今は、正常に機能していますので、
作品募集のごあんないからお申し込み下さい。
すでに、ボチボチ予約が入って来ておりますよ。
あなたのご参加お待ちしています〜

2月14日追記します。
ケータイストラップにしている、なまずのお守りです。

続きを読む

2009-02-11(Wed)

とあるところ。

2月8日(日)
ちょっとした野暮用で家内とおでかけ

↓こんな電車に乗って

↓こんな駅で降りて(わざわざ)

↓隣の大きな駅まで、とことこ歩いて
↓そしてまた来た道を隣の駅を目指して、こんな階段を通り、
↓公園のベンチでお昼していると(冬でも我家は基本弁当持ち)
目の前の池にこんなヤツが現れました。


ここのカワセミは優秀で確実に魚をゲットしてました。
二回のドボン&ゲットを見せてくれました。

↓そして元の駅に着いた時はもう日が傾いてました。
2009-02-10(Tue)

橘寺

寒い中、犬養万葉記念館に行く途中で橘寺に寄りました。
聖徳太子の生まれたお寺で有名です。
私の年代では「聖徳太子」と言えば一万円札ですが、
息子の場合「諭吉っつぁん一枚たのむ、オヤジ」です。
聖徳太子の知名度と言うかありがたみが小さくなったかな、、

↓橘の実。たぶん。温州みかんより小さく金柑より大きいです。

↓門柱。右は「大日本佛法最初霊地」左は「聖徳皇太子御誕生所」

↓のどかさは明日香ならではですね。
2009-02-09(Mon)

犬養万葉記念館

少年時代にテレビから流れた流暢な(うた)を聞きました。
それは何とも耳に優しく、心にしみる声でした。
その声の主は、犬養孝さん。
青空のもと、万葉集を朗々と読まれるのでした。
子供心にもお気に入りの番組で唄まねした記憶もあります。

明日香村、板蓋宮址近くにある「犬養万葉記念館」。
落ち着いた館内に、犬養節が流れている。
ず〜っとここでゆったりとした時間を過ごしたい気分。
「犬養万葉記念館」よろしいよ〜。

↓中庭

↓近くの風景
2009-02-06(Fri)

八釣の里




コメントを書いていると、ふと28年も昔のことを思い出した。野宿。
公園のベンチであまりの寒さで目が覚める。おまけに雨も降り出した。
サドルにまたがり、渾身の力でペダルを踏む。そしてわめく歌。


2009-02-03(Tue)

2月1日の夕方6時の風景

名張の夜景(夕景)です。
向かって右端に我家、左に市中心部。
光の強いのは国道沿いです。
市中心部の中心で少しアンダーに見えるあたりに
「ひやわい」が広がっています。
クリックすると、大きくなります。
2009-02-02(Mon)

さんぽみち_その4

さんぽの続きです。
名張大橋を渡ると田んぼが広がり、
太陽が西の山にくっ付きそうになっています。
このあたりの農道端は、
イヌナズナとナズナの花が咲く大好きなポイントです。

↓ナズナの季節にはまだ早いです。
↓あとひと月もしたら素晴らしい花園になるでしょう。

↓たんぽぽの元気さに感心します。

↓ホトケノザも葉っぱは茶色いですがしっかり咲いています。

↓東の青山高原には風力発電の風車が並んでいます。
↓南西方向の山々。あの山の向うに趣味人さんちがあります。

↓きれいな雲など撮りながら、

↓宇陀川を渡り、

↓初瀬街道を歩くと我家までもうすぐ。

ご近所さんにカメラを見せたくないので、
カバンにしまい、最後の角を曲がります。
自宅に着くと、ちょうど朝青龍と白鵬の本割取り組み前。
ばっちり大相撲を楽しんで、晩ご飯をいただき、
サザエさん見て、大河ドラマを楽しみ、
ゆたっりとした休日を楽しんだのであります。

↓たくさんのコメントありがとうございます。
時間がないので、明日お返事を書きます。おやすみなさい。
プロフィール

kyomiy

Author:kyomiy
テーマは愛

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ