--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-30(Thu)

ブログの友達!写真展2009_ご報告001

ブログの友達!写真展の新聞広告を予定していますが掲載日がなかなか決まりません。
問い合わせてみると、5月の4日から6日の間のどこかで掲載されるそうです。

追記:5月4日掲載が決まりました。是非ご覧下さい。

な、何とゴールデンウィークのまっただ中ではないですか!
ということは私は帰省中(家内の実家)で新聞を見れないかもしれないし、
ブログも留守になりますので、掲載確認及びブログでの報告も出来そうにないです。
駅の売店やコンビニで売っている新聞ですので余裕のある方は買って見てください。

新聞名と広告原稿をお知らせしておきます。
新聞名:フジ サンケイ ビジネスアイ(Fuji Sankei Business i.)1部150円
掲載予定日:5月4日、5日、6日のいずれかの日

↓広告内容はこんな感じです。(4月20日までに届いた作品を載せています)

ほんとうは本日の新聞に載って「こんな広告ですよ」と紹介するつもりでした。
あいまいな報告となってしまい申し訳ないです。

では、明日の夜から私は寄生虫となりますのでブログはお休みします。
もしかしたら慣れないケータイからアップするかもです。(寄生虫ではなく帰省中)
スポンサーサイト
2009-04-26(Sun)

DMポストカードが出来ました。

「ブログの友達!写真展2009」の〆切りが迫っています。
まだ少し空きがありますので、いかがですか?

DMポストカードが出来ました。
ご入用の方、あるいは宣伝してやるよという方、おられましたら、
お分けしますのでメール(kondo@arte-sp.com)か、鍵コメで
必要枚数とご住所を教えて頂きましたら郵送します。
(枚数の上限はおひとり20枚とします。それ以上の方はご相談下さい)

予約いただいてる出品作品の8割がすでに届いています。
どんなレイアウトにしようかとワクワクしている所です。

出品されてない方も是非お友達お誘いの上会場に見に来て下さいね。

開催期間は、5月9日(土)〜5月17日(日)10:00〜19:00です。
場所は→アルテスパーツィオの地図

2009-04-24(Fri)

深野(にほんの里100選)その3

深野で撮った花たちです。
↓カラスノエンドウ

↓スズメノエンドウ

↓カスマグサ(カラスノエンドウとスズメノエンドウとの中間的な性質を示すことから、カラスとスズメの間という意味で「カとスの間」とつけられた)
↓ムラサキサギゴケ

↓カキオドシ

↓キランソウ(地獄の釜の蓋)
↓スイバ(すかんぽ)

↓ウマノアシガタ

↓シャクナゲ(後の黄色はヤマブキ、白色はユキヤナギ)
↓おまけ
2009-04-21(Tue)

深野(にほんの里100選)その2

とにかく見晴らしの良い村なので、気持ちがいいのです。
この日撮った風景を何枚かと花と鳥を少しアップしたいと思います。

↓名張の町越しに山が重なり一番遠くに見えるのが青山高原です。
↓眼下に見える赤目の里。龍神山。右遠方に伊賀富士が見えてます。
↓村を一周すると陽はすっかり上がりました。
↓倶留尊山や国見山方向ですが、稜線が切れてしまいました。
↓来訪者ようにトイレも用意されているようですね。
↓村をあげてささゆりを守り育てておられます。
↓アケビの花です。

↓ヒメウズ

↓ムラサキケマン

↓標準レンズだけもってカバンから離れて朝日を撮っていると
変な音が頭上から聞こえてくる。アカゲラやー。しかし望遠レンズが無い。

↓トリミングしました。望遠レンズを撮りに戻った時はすでにいなくなってました。
↑背中の模様、腹側の縞模様からオオアカゲラのようです。
2009-04-20(Mon)

宇陀市室生区深野(にほんの里100選)

4月19日の朝。
我家から見れば天上の村。深野の里に朝日を撮りに出かけました。
しかし、朝日を撮ると村が真っ暗。村を撮ると空が真っ白。
難しいですね。太陽に向かって撮るのは。

↓太陽がだいぶ上がって水田に映りました。

↓朝日を浴びるツツジと背景は深野の村。

↓下界に煙る名張の風景

こんな写真を撮っていると、村の男性が「どこからきやはったん?」と声を掛けてくださり、
この村を撮り続けているプロの撮った写真集を持って来て見せて下さいました。
色々なお話のなかで、にほんの里100選に選ばれと教えられました。
知りませんでした。。
前々からこの村の美しさには一目置いておりました。
もちろん風景も素晴らしいのですが。棚田の手入れの入れようが素晴らしいのです。
だからにほんの里100選に選ばれて、私もとても嬉しい気分です。
気さくに声をかけて頂きました北森さん、ありがとうございました。
あの後、村を散歩させて頂きましたが、会う方、会う方皆さんに優しく声をかけて頂き、
とても気持ちのいい朝の散歩をさせて頂きました。

にほんの里100選を調べますと、奈良県では奥明日香とこの深野が選ばれています。
奥明日香というのは、ここもよく行く稲渕あたりですね。

深野で撮った風景や野の花の写真はまだつづきます。
2009-04-18(Sat)

柄長

この鳥の名は柄長。
長いシッポを柄杓の柄に例えてエナガ。

気の長い人は気長。
気長に写真展の参加を待っておりますが、
21点で止まったままで、締め切りが近づいています。
まだ少し空きがありますので、一緒に写真展をしませんか?
募集案内はこちらです。気長に待ってます。

↓柄長(長谷寺境内で)
2009-04-17(Fri)

棚田、田植えスタンバイ。

奈良県宇陀市室生区深野の棚田です。
4月12日の日没後の写真で、暗いです。
田んぼに水が張られています。

↓手前の棚田は奈良県。近鉄特急が走る下界は三重県名張市。
↓下界左奥の光は名張市の中心部です。
この撮影ポイントからだと
真正面に日が昇るはずなので、
朝焼けが水田に写り込んだら、
どんな絵になるのかと想像しながら、
下界への道を帰るのでした。
2009-04-16(Thu)

戒長寺・十八神社

戒長寺まで足を延ばす観光客はあまりいません。
十八神社も同じく訪れる人はかなり少ないと思います。
静かでどこか懐かしい風景の中、気持ちが安らぎます。

↓戒長寺前の風景

↓戒長寺本堂

↓十八神社境内から

↓十八神社前の風景

↓同日、日暮れの明日香路。宅急便がゆく

何気ない風景、平凡な風景、じんわり温もる母のような空気。
身構える必要も無い。着飾る必要も無い。
2009-04-13(Mon)

ブログの友達!写真展2009の予約状況その2

開催まで一ヶ月を切りました。
焦らすつもりは無いですが、現況とお知らせを書きます。

1.現在の予約状況は21点です。30点になった時点で締め切ります。

2.ダイレクトメール(写真展案内ハガキ)を作ります。
 4月20日までに作品をお送りいただいた分を掲載したいと思いますので、
 作品がお決まりの方は早めに送信して頂くと嬉しいです。
 (新聞広告を出す予定もあります)

3.開催初日9時から会場設営しますので、お手伝いして頂ける方はお願いします。

この写真展は同好会の発表会のイメージでやっています。
賛同いただける方が自由に参加してくれたら嬉しなと思っています。
なので私から皆さんのブログにコメント訪問して
「ぜひ参加して下さい」と言うのは控えています。
しかしまだ少し余裕がありますので、参加希望の方は予約をお願いします。

写真展のご案内と予約はこちらを見て下さい。http://www.arte-sp.com/sub10.html

4月12日時点の参加予定者(順不同)<予約13名。21点>
●tomoさん<まほろばの国から>
●happykotaさん<Photo and Occasional Thoughts>
●benisijimiさん<benisijimiのカメラ散歩>
●hirosiさん<心のままに 感じるままに2>
●たぬ代さん<たぬ代とだんなのブログ>
●じいちゃん先生<じいちゃん先生のトナカイだより>
●趣味人さん<数寄舎>
●ちょころぐさん<ちょころぐ>
●biwahamaさん<「古都」大津 湖国から>
●武蔵さん<Musashi's PhotoBlog:'New京都写真'クリエーター 武蔵の写真館>
●runtaさん<cat くえすと>
●collodionさん
●namazu<namazuのブログ>
●spazio<spazioのブログ>
予約したのにここに名前が載っていない方がおられましたら、至急ご連絡下さい。

続きを読む

2009-04-10(Fri)

甘樫丘(あまかしのおか)夕景

長谷寺を後にして明日香村の甘樫丘の桜を見に行きました。
ここは国営公園だけあってきれいなトイレ付き無料駐車場あって助かります。

↓駐車場前に広がる菜の花

↓稜線に上がって最初に見えて来た風景。畝傍山(うねびやま)が霞んでいます。
畝傍山の後には二上山が見えているのですが。飛んでしまいました。
↓耳成山(みみなしやま)が見えて来ました。

↓さぁ目的の山頂です。まだ8分咲きくらいだと思いますが。
↓桜の幹と重なって見えるのが天香具山(あまのかぐやま)です。
↓明日香の街並と飛鳥坐神社の森の奥に八釣の里が見えています。

↓遠くに霞んでいる葛城山と金剛山。長い影が時刻を語っていますね。
↓飛鳥時代は曽我氏の邸宅が建っていたと言う甘樫丘。
蘇我馬子親子も藤原京や大和三山をここから眺めていたのかな。

↓現代はアベックなんかが夕日に頬を染めながら風景を眺めたりしてるけど。
↓桜のシルエット

↓杉のシルエット

春霞か黄砂なのかはわからないけど、わかりたくないけど、
霞のお陰で遠景と近景の差がいい感じの距離感を見せてくれました。
2009-04-09(Thu)

長谷寺。4月5日(境内編)

通勤電車の大阪環状線の車窓から桜ノ宮の大川沿いの桜が見えます。
今朝は桜並木が満開でした。
(上着を脱いだついでにスキンを変えてみました)

↓長谷寺本坊から本堂を見ます。互いに向き合って立てられています。

↓同じ場所本坊から見た五重塔です。
↓同じく本坊からの眺め。

↓登廊の甍とシンボルツリー

↓鬼瓦の背景は、天神山の原始林。

↓登廊脇の桜にメジロが。

↓桜。

↓写る桜。

↓祈りの後

↓おまけ画像。参道で。
2009-04-08(Wed)

長谷寺。4月5日(番外編)

長谷寺境内での写真に行く前に番外編をはさみます。

長谷寺本堂の舞台からの眺めは良くて、
↓隣の原生林の山を眺めてはパチリ。
↓正面の本坊の屋根越しに愛宕山をパチリ。

さて今回を番外編と言うその訳が↑この写真に写っています。左上です。

↓愛宕山の桜の木のアタリをズームアップ。見えるかなぁ〜
↓さらにズームアップ。桜の木の下で。やってるやってる。
長谷寺境内に入る前に行った愛宕山の展望台では、
地元の元少年の方々が賑やかに花見をされていました。
ちょっとの時間でしたが楽しい時間をいただきました。
袖ふれあうも多少の縁ってやつでしょうか。

続きを読む

2009-04-06(Mon)

長谷寺。4月5日

定番の長谷寺の桜です。

↓まずはクリックして、全体の雰囲気を感じて頂きたいです。
桜見頃のお寺の案内ですから、人がいっぱいです。まずお寺には入らず、
愛宕山に登りさらに天神山の麓を少し登り離れた場所から長谷寺を撮ります。
↓愛宕山からの風景

↓塔のある風景

↓参道。

↓初瀬川にかかる橋から

↓天神山の原生林に咲く桜

↓天神山の麓から見た本堂

↓本坊前の白壁としだれ桜
↓仁王門

こんな感じで、長谷寺の外回りをめぐってから
長谷寺境内へと入って行きます。
2009-04-04(Sat)

ご近所散歩。3月8日

いつもの池とは逆方向に散歩です。

↓茶臼山も今日は気持ちよさそう。
↓右は初瀬街道(延々歩くと長谷寺に着きます)左は赤目四十八滝へ続きます。

↓丈六寺(室生寺の北門と呼ばれる)
↓田園の中に佇む祠

↓当然のように私は道端にうずくまる。
↓「きょうはいいお天気でんなぁ〜」としゃべったのは?
↓龍神山。この山の奥に赤目四十八滝があります。
2009-04-02(Thu)

ひな祭り(奈良県高取町)

3月20日のことです。
「町家の雛めぐり」というのを高取町でやっているの見て来ました。
夕方終了間際に到着したものだから小走りで見せてもらって来ました。

↓道端にもかわいいお雛さん。
↓風格を感じますね〜。

↓軒先に置かれた菜の花がうれしいですね。
↓ガラス越しです。ガラスに菜の花が写っているのですが、、
↓歴史を感じます。

↓貝合わせを楽しんだのはどんな方でしょうね?

↓誰かがクスッと笑った様な、、そんな気がしました。
↓それぞれのお家に受け継がれたお雛さん

↓大切にされているその心が親から子、子から孫へと受け継がれ

↓ご先祖さんもどこからか見守っている気がしました。
↓今このときこの瞬間は二度と戻らないものだけど明日の光がまた楽しみ。
2009-04-01(Wed)

賀名生梅林(あのうばいりん)その他諸々編

3月8日撮影のものを今頃アップします。

↓梅林&カブ(クリック大)

↓カーブミラー&クール

↓花見ミラー

↓ヘアピンカーブ&梅(クリック大)

↓軽トラ

↓柿の産地です。

↓こんにゃくの産地かどうだか定かではないです。

ひと月近く前の写真ですがnamazuの備忘録ということです。
プロフィール

kyomiy

Author:kyomiy
テーマは愛

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。