2010-03-31(Wed)

梅の香、今年もありがとう

3月22日、夕刻の月ヶ瀬梅渓です。
桜も咲き始め、梅花の季節も終盤です。

今日の夕刊のトップニュースは「平成の大合併完了」
ここ月ヶ瀬も合併して今や奈良市内です。ピンと来ないですね。

↓1.枝垂梅の園だけは満開でした。仏の座と枝垂梅

↓2.今年最後の梅の香りをどうぞ!

↓3.スミレもたくさん咲いてました。

↓4.桜も早咲きのが咲いてました。

↓5.真福寺(月ヶ瀬梅渓の中心、一番高い所に建つお寺)

↓6.天神さんから見下ろした月ヶ瀬ダム湖

この日は笠置寺に桜を求めて行ったのですが、まだ蕾状態で花の写真は撮れず、
その帰りにこの月ヶ瀬梅渓に寄りました。
月ヶ瀬の花情報を先に回して、
あしたは花は無いけど岩は有る笠置寺をアップの予定です。
2010-03-30(Tue)

西吉野町から下市町へ桜巡り(黒滝森物語村&栃本のしだれ桜)

今回でシリーズ最後です。
3月21日(黄砂日)黄砂はすっかり無くなった夕方。

吉野郡黒滝村にある「森物語村」
18年位前、子どもが小さい頃遊んだ思い出のある所。
今もきれいに現役で存在していることに感激。

↓1.入口のアーチの橋も当時のまま

↓2.上空にはこんなシルエットが、、こんなん昔は無かったよな〜

↓3.誰が何のために、こんなものを、こんな高い所に、、とブツブツ。

↓4.床板を5.6枚進んだところで「神の声」とでも言いましょうか?
『ikuna』コマンドを察知して、この橋を渡ることは急遽とりやめ、
フーフー言いながら登ったきつい坂道をまたフーフー言いながらもどって行ったのでした。

↓5.駐車場脇で咲いていた寒緋桜。

↓6.帰り道。広橋梅林を過ぎた栃本にある、よく目立つしだれ桜。

この所の寒さで、咲き始めた桜もまだまだ持ちそうですね。
今度の週末もその次も楽しめそうな気配。晴れてくれよ〜
2010-03-29(Mon)

西吉野町から下市町へ桜巡り(廃校の小学校)

私が小学校に入学したのは1966年。
天理市立山の辺小学校祝徳校舎(祝徳小学校)
天理市内の4校の小学校が合併して山の辺小学校となったのに、
肝心の本校舎は、遺跡調査のため建設が遅れそれぞれの旧小学校に通うことになりました。
おかげで、小学校2年生までは床板に節穴が空いてたり、ボットン便所や
石炭小屋などがある完全木造校舎を経験することが出来たのです。
3年生からは完成した近代的ピカピカ鉄筋コンクリ校舎となりました。

↓1.この吉野の小学校の姿を見て私は母校の祝徳校舎を思い出していました。

↓2.キンコンカンコ〜ン♪学校チャイムにどぎまぎしながら母にしがみつくようにして向かった入学式。

↓3.入学式は、母親の着物の匂い、樟脳の匂いと言うのでしょうか?今でもしっかり覚えています。

↓4.逆上がり。ついに6年生になっても出来なかった。ドンクサイ思いでいっぱい。

↓5.どんくさいといっぱいいじめられたりもしました。
↓6.あの頃の青空と

↓7.今の青空。何にも変わってないな〜

恐がりで泣き虫もあんまり変わってないなぁ〜
2010-03-27(Sat)

西吉野町から下市町へ桜巡り(貝原)

3月21日(黄砂の日)の吉野郡下市町貝原の桜風景です。
<その日のしだれ桜はまだ咲き初めでしたので、
今日明日あたりはかなり咲いてるかもと、
本日のいい天気を会社の窓からうらめしく見ている所です>

私が貝原の集落に着いたのは午後3時。
昼前後の酷い黄砂も風に飛ばされ、すっかり青空になりました。

↓1.貝原のしだれ桜。(まだ咲き初めです。お陰で枝振りの迫力がありました)

↓2.車を止めたアタリから、しだれ桜を遠望。

↓3.サンシュユと啓翁桜

↓4.坂を上って見た、北側の風景。

↓5.同じく東側の風景。道の先に大きなしだれ桜が見えます。

↓6.望遠側で撮るとこんな感じ

↓7.白壁の民家の玄関先に2本のしだれ桜がアーチとなっています。

↓8.下から見るとお寺の屋根とマッチしてますね。しかし白壁のお宅の桜なんです。

↓9.一枚目の見上げた桜に陽が差しました。

このあと、山間にあるノスタルジックな小学校(廃校)と、
森物語村と、広橋梅林近くの栃本のしだれ桜をアップする予定です。
2010-03-26(Fri)

西吉野町から下市町へ桜巡り(川岸)

去年benisijimiさんに案内していただいて、趣味人さんと私の3人で行った桜巡り。
(えっもーあれから一年経ったん?感激の一日が昨日のように思い出されます)
今年はヨメさんにも見せてあげようと思い、家内と二人で行ってきました。
3月21日(日)
ところが昼前に家を出ると”すっごい黄砂”
山が霞むどころではなく山が見えないほどです。(こんなん初めて)
お昼頃には五條の町から西吉野町方面へ
桜巡り第1ステージの賀名生皇居の桜。目の前を振り向きもせず通過。
(後で後悔するが、、その時は腹減りすぎて脳内に黄砂が漂っていた)
なので、桜巡りは第2ステージの西吉野町川岸からです。
川岸に着き車を止め、そのまま車内でおにぎりにかぶりつく。
水筒の珈琲で我に帰り、いざ桜。

↓1.黄砂は薄まって来ましたがまだ霞んでいます。谷向こうは円光寺の屋根。

↓2.車を止めた対岸の風景。おべんとタイムのおふたりを点景に

↓3.対岸に渡る吊り橋。

↓4.対岸の桜道。私たち以外に4組ぐらいの方が来られてました。

↓5.画面真ん中アタリにうちの車。次は車の上の方まで歩いて登っていきます。

↓6.山の上は風の通りもよく、陽光も気持ちよく感じます。↑1番も同じ所から撮ってます。

↓7.春霞とは黄砂のことだったのか?でもこの陽光と霞む景色こそ「春だなぁ〜」と思う私。

↓8.コブシ。桜や桃のピンクとサンシュユの黄色の中で、ひと際目立っていたのがこの白色でした。

↓9.ミツマタ(赤花)。お寺の入口脇に植えられています。

↓10.モクレン。見はらしのいい一等場所の大木です。上の方だけパシャリ。


<予告>
明日は同じく桜巡りの第3ステージの貝原をアップする予定です(↓貝原で)
2010-03-25(Thu)

奈良公園→高取町→明日香村稲渕→談山神社

引き続き3月20日(暑い日)の情景です。

↓1.木陰がうれしく思う日。若草山隣接の墨の「古梅園」さん前。

その後、奈良盆地を一気に南下。高市郡高取町へ。
高取土佐町並み「町家の雛めぐり」が開催中の城下町散策です。
土佐街道沿いの90カ所の町家で、それぞれのお宅のおひな様を見れます。
どこも立派なお雛さんで、菜の花も満開で、女性にピッタリの催しです。
↓2.チョウチョが飛んでいます。

↓3.高取は薬の町でもあるので石畳には漢方薬になる植物の陶板が、

↓4.若い若いと思っていても気になる項目あります。

↓5.路地。これで高取の雛めぐりの写真はおしまいです。
「えっお雛さんの写真は?」、、ハイ僕、男ですから。

次に向かったのは、ブログでおなじみとなった明日香村稲渕です。
秋は案山子で賑わいますが、早春の菜の花もいいんです〜
↓6.橋のたもとに桜が咲いてました。

↓7.黄色の棚田

次に向かったのは多武峰(とうのみね)談山神社(たんざんじんじゃ)
新しい峠越えの道が開通したお陰で稲渕から10分ほどで到着です。
↓8.紅葉で秋は錦の屏風になる景色も今は朱塗りの朱まで色あせて見える不思議。

その後宇陀市内での美術展に向かうのですがこれもトンネルのお陰であっという間。
私には便利な新しい道ですが、行き交う車のあまりの少なさに、、、
これってやっぱり県民の税金で作られてるはずなのに、、と考えてしまう。

<予告>
翌3月21日(黄砂の日)は昨年benisijimiさんに案内いただいた、
五條市から下市町にいたる桜巡りを楽しんできました。
明日は、その桜三昧をアップしたいと思います。
2010-03-24(Wed)

奈良公園寸景(東大寺)

3月20日(土)の東大寺境内の風景です。汗ばむ陽気でした。

↓1.法華堂(国宝)への坂道。

↓2.鐘楼への坂道。

↓3.鐘楼(国宝)。

↓4.大仏殿(国宝)。

↓5.鹿とお土産屋さん。

↓6.大仏池から見た大仏殿。後方に若草山。

↓7.春日野の池から南大門(国宝)の屋根が見えている。

↓8.指図堂。何度も来ている東大寺なのにここは今回始めて。座った畳気持ちよし。

↓9.早咲きの桜は満開状態。

↓10.蜂も急がし。

namazuも急がし。
奈良公園をあとにして、高取町のひな人形見物に行き、その後、
明日香村稲渕の菜の花風景を撮り、その後、
談山神社の十三重塔を撮り、その後、
宇陀市内で開かれている、絵画展&写真展(写真家Sさん)を見に行き、
その後、帰宅。
2010-03-23(Tue)

奈良と言えば・・・

奈良と言えば、
『鹿』
『大仏』
『若草鹿之助』
この3つくらいが誰もが頭に浮かびますよね。
順に紹介して行きたいと思います。

3月20日の奈良公園です。気温は初夏の陽気でした。

↓1.南大門前の鹿さん。

↓2.南大門の奥に大仏殿が見えました。

↓3.同じく南大門からの大仏殿の姿。

ここでお断りです。今回大仏殿には入ってないので大仏の姿は無しです。
↓4.代わりに大仏殿のオンパレを。桜の開花間近の大仏殿。

↓5.人と比べるとその大きさは、、さすが大仏殿。

↓6.早咲きの桜と大仏殿

↓7.向かって右の屋根が大仏殿。左の屋根が南大門。

↓8.この日は若草山の山びらき。鹿せんべい飛ばし大会が行われてました。

↓9.『鹿せんべいライブ』も行なわれていました。

↓10.もちろん若草鹿之助さんのライブです。ライブを終え笑顔の鹿之助さん。
2010-03-19(Fri)

散歩道

2月21日の近所散歩写真。『道のある風景』

あまり時間を気にせず、一人歩く道。
風景を楽しみ、思考を楽しむ至福のひととき。

生きるって、何なのかなぁ〜
いつも同じこと考えて、答えのない堂々巡り

あれもしたい、これもしたい、思うことはたくさんあって、
しかし思うばかりで、寿命は毎日減り続ける。

たとえば、
僕の将来は、綺麗な奥さんと結婚して、
南向きに広大な庭のある縁側の広い家を建てて、
その縁側で日向ボッコしながら、
綺麗な奥さんと何でもない話をしながら、
雀を見たり、畑のキュウリを見たり
鼻歌唄いながら、へたな絵を描いたり、
そんな僕の夢。ほかにも百個ぐらいある僕の夢。
どれもこれもいまだ夢のまま。

寿命を百歳としたら、モウすでに半分を使い果たした。
このペースで行くと
僕の夢のほとんどは企画倒れ間違いない。ってことが、
だんだんわかってきた。今日この頃。

最近「頑張らない」って言葉が流行っているみたいだけど、
頑張らないで、ご飯が食べて行ける人が、とてもうらやましい。今日この頃。
冷や汗かいて毎日精一杯頑張っても、喰うのがやっとの僕。

ブランド品?、、、なんじゃそりゃ?バカバカしい。

情報に振り回される人の群れ。群衆。後戻りできない世の中。どーでもいいこと。

とにかく僕の寿命は時計の針と共に減り続けていると言う現実。

あー腹減った。帰ろ。

↓1.電線って、昭和の残像のよう。

↓2.鉄の道。テッチャン発見!パパラッチ。

↓3.足の長い影を見て、なぜか???喜ぶ僕

↓4.毎日夕日は沈むのに、、僕が死んだあとも、何もなかったように夕日は沈み続けるんだろ。

僕の生きた証し。僕のために僕の記憶に刻みたい。今。
2010-03-18(Thu)

3月20日(土)は鹿せんべいとばし大会

3月20日(土)は奈良公園若草山の山びらきの日。
若草山の麓で「鹿せんべいとばし大会」が行なわれます。

↓去年の写真です。

鹿さんに会いに去年行きました。今年も行きたいと思っています。
鹿し、土曜日は仕事が微妙で行けるかどうかわかりません。
鹿し、行けたとしても目当ては、
鹿せんべい飛ばしではなく、
鹿せんべいライブのほうです。
鹿之助さんというエンターティナー見物です。苗字は若草さんです。
鹿そっくりのと言っても容貌ではなく、
鹿そっくりの歌声の持ち主です。
鹿晴れの空に若草鹿之助さんの歌声が響き渡ります。
晴れるといいですね。

鹿之助さんの事をもっと知りたい方は→右のリンクの『若草鹿之助さん』へどうぞ。
(最近ははなちゃん一色で、ステージ大丈夫かと心配しているのは私だけでしょうか?)
2010-03-16(Tue)

「ブログの輪 写真展2010」の参加者募集締め切ります。

「ブログの輪 写真展2010」の作品展数がほぼ満員となりましたので、
一般の募集は締め切らせていただきます。

「返事待ってくれ〜」宣言をされてる数名の方と、
第1回、2回、3回の写真展に1回でも参加した方の
受付はひきつづき行ないます。ぜひご参加ください。
写真展の開催要項および申し込みフォームはこちらからどうぞ。

第4回「ブログの輪 写真展2010」参加者一覧(順不同)
<kame-photoさん> http://kameiworld.exblog.jp/
<蓮華草さん> http://hanarenge.exblog.jp/
<happykotaさん> http://blog.goo.ne.jp/happykota/
<趣味人さん> http://kogarasu.blog.ocn.ne.jp/
<t-morinoさん> http://tmorino.exblog.jp/
<benisijimiさん> http://fujikennko.exblog.jp/
<hirosiさん> http://hirosi906.exblog.jp/
<ハナさん> http://blogs.yahoo.co.jp/hanamizuki2996
<horusさん> http://blogs.yahoo.co.jp/skyhigh1225
<チャイ母さん> http://blogs.yahoo.co.jp/tyai8nyan
<伸之助さん> http://shin2627.exblog.jp/
<じいちゃん先生> http://tonakaisam.exblog.jp/
<kumaさん> http://kumasann02.exblog.jp/
<tomoさん> http://nukata.blog27.fc2.com/
<窓際の文化人さん> http://bunka.cocolog-nifty.com/
<artmousaさん> http://www.artmousa.com/
<biwahamaさん> http://biwahama.exblog.jp/
<武蔵さん> http://musashi05.exblog.jp/
<namazu> http://namazukun.exblog.jp/
<spazio> http://blogs.yahoo.co.jp/spazio_n
(3月24日追加記入↑)
もしも、申し込んだのに一覧に名前がない方がおられましたら鍵コメ入れてください。

皆さん、今年も楽しい写真展が出来ればと願っています。
どうぞよろしくお願いします。

↓googleマップで見えた柿博物館。
2010-03-14(Sun)

○博物館

○博物館です。

○には漢字一文字

ふと大阪万博を思い出した。40年前の事。ゲゲ
2010-03-12(Fri)

また、梅。

2月28日の梅。
↓1.ぷぅ〜

↓2.ぱっ!。

蕊。やがて実を結び梅干しとなって食卓へ
↓3.梅畑の梅は広くゆったりと植えられ、低く剪定されています。

↓4.賀名生の里
2010-03-11(Thu)

map


稲渕地区(緑部分が棚田)へはピンクの道が走りやすいです。
石舞台からも行けますが行き違いに苦労します。
赤い所が主な駐車スペース。
2010-03-09(Tue)

桃源郷の如く

桃ではなく梅ですが。

薄紅色に広がる谷間は
別世界のような美しさ
頬なでる風に梅の香ほんのり
(奈良県五條市2月28日)

↓1.

↓2.

↓3.

↓4.

↓5.
2010-03-07(Sun)

「ブログの輪 写真展2010」の参加者募集状況

ブログの輪 写真展2010の参加者募集中です。

 会 期  : 2010年5月15日(土)〜23日(日)

 会 場  : ギャラリー アルテ スパーツィオ(大阪・西梅田)

 主催者  : 「namazuのブログ」「spazioのブログ」 

 主 旨  : 日頃、ブログを楽しんでいる方から作品を募集し一堂に展示します。
        ブログ仲間同士が顔を合わせる場にもなります。

 特 徴  : プリント・額装・展示作業を主催者側で行いますので、
        撮影データを送付するだけで気軽に写真展に参加できます。

 募集点数 : 30点


3月6日時点での参加申し込み者は11人(19点)です。(2月17日募集開始)
<参加者>
蓮華草さん、趣味人さん、kame-photoさん、happykotaさん、t-morinoさん、benisijimiさん、hirosiさん、biwahamaさん、ハナさん、horusさん、spazio/namazu 順不同

まだ間に合います。
詳しくは http://www.arte-sp.com/blogphoto/Blog2010.html をご覧下さい。
    (予約申し込みフォームから、申し込み受け付けています)
2010-03-07(Sun)

575

明くる春
土と成りし日
ひかり浴ぶ

(あくるはる つちとなりしひ ひかりあぶ)

以前より写真に詩を付けて遊んでいましたが、
それを写真詩と言うそうで、
写真に俳句・川柳を付けるのを写真575というそうです。
575を作ってみました。いかがでしょうか?
ちょっと意味不明ですね。
いつの日か死んで土になってもこんな所で陽を浴びていたいなぁと思いました。
2010-03-06(Sat)

啓蟄

虫が穴から出てくる日。虫とは本来ヘビちゃんの事だそうですね。
ヘビちゃんは置いといて、
啓蟄記念という事で何時も散歩道の道端の花など並べます。

↓1.オオイヌさんに、虫さんがいました。

↓2.春が来たよ〜〜ンと言ってるオオイヌさん。

↓3.新しい種をかかえたアザミさん。

↓4.菜の葉が夕日に照らされて鮮やかでした。

↓5.こちらも小さいながらも鮮やかでした。

↓6.新しい種がこちらにも。

↓7.春の訪れがうれしくてたまらない顔のフキさん

↓8.私の散歩道。これから賑やかになります。

↓9.ピース!
2010-03-05(Fri)

賀名生梅林(あのうばいりん)奈良県五條市

2月28日の賀名生梅林です。まだ咲き初めでした。

↓1.道が写ってる写真はいいですね。物語が生まれます。

↓2.皇居跡。(南朝の皇居跡)

↓3.一番上まで歩きます。車で観梅する人もいますが健康な方は歩きましょう。

↓4.まがりかど。

↓5.波平さんのうしろ姿?

↓6.一番上まで(西の千本)登って来ました。

梅花のシーズンはまだまだこれからです。
2010-03-02(Tue)

梅頃

奈良県五條市、賀名生梅林近くの梅林で。

「梅づくし」

↓梅河

↓梅夢

↓梅宴

↓梅波

↓梅通

↓紅梅

↓梅陽

↓梅うどん
プロフィール

kyomiy

Author:kyomiy
テーマは愛

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ