2011-01-29(Sat)

大根

コンビニおでんの具「ダイコン」が
土の中で出来ることを
知らない子は
いないと思うけど、
ま、まさかね。

私の詞花集ブログ「ことのは写真」もよろしくお願いします。
2011-01-28(Fri)

聖林寺(奈良県桜井市)

初めて訪ねるお寺です。
ご本尊は大きな石造りの子安地蔵です。
大きなご本尊ですが、可愛らしい仏さんでもありました。

ご本尊より有名なのが国宝十一面観音です。
こちらは一言で言うと「スマート」で「美しい」仏さんでした。
どちらも撮影禁止ですのでお顔は聖林寺HPでどうぞ。

↓1.五色の吹き流しが泳ぐ山門。六色仏旗?

↓2.山門脇には「大界外相」の石標。眺めがいいです。

↓3.本堂から、国宝十一面観音を安置する観音堂へつながる階段。

↓4.本堂の縁側は見晴らし抜群です。しかし寒くて誰も出てきません。

↓5.この縁側に座ると真正面に大神神社のご神体である三輪山が見えます。

↓6.寒空に 民見守りて 旗泳ぐ (さむぞらに たみみまもりて はたおよぐ)
2011-01-27(Thu)

毎日寒いですね。

1.両手を図(写真)のように胸の前で合わせます。

2.強く強く早く早く30回こすります。

3.暖まった手を冷たい顔に当てましょう。

4.じゅぅゎぁ〜と暖まってください。

5.寝る前は、その手をお腹に当ててじゅぅゎぁ〜

↑このプレート、岡寺から石舞台にもどる道で発見しました。
2011-01-26(Wed)

明日香村さんぽ

1月23日(日)
明日香村の石舞台から岡寺のコースを散歩。
距離にして約2km。

↓1.石舞台前から山方向歩き出します。冬の彼岸花
(彼岸花は冬枯の野に葉を出し太陽の光を思う存分浴びて栄養を蓄えます)

↓2.山道に入っていきます。

↓3.振返ると、案山子で有名な稲渕の棚田が遠くに見えました。

↓4.ここで梅の花を発見。ポツポツと咲いています。

↓5.路傍の石仏

↓6.岡寺の参道に出てきました。
(このお店で買った「いかり豆」美味しくて量も多くて100円。オススメ)

↓7.お店の前には水仙が咲いてました。

↓8.オニユズだと思います。

↓9.侘助(ワビスケ)だと思います。

↓10.竹の鳥居。「産の宮」という社でした。

↓11.懐かしい感じのする道を歩いて石舞台へともどりました。
2011-01-24(Mon)

ほたる

手術前の元気さは無いです。
ボチボチとキズが塞がり
痛みが取れるまで、まだ少しかかるんでしょうね。

腹に巻かれたタオルの糸屑を引っ張りだすので、
上からTシャツを着せられた、ほたる。
それもいやがらずに受け入れている所が、、、、、

早く元気に爪を立ててかかって来てほしい。
2011-01-22(Sat)

冬ごもり

四季のある日本で生きる物たちにとって寒い冬を越すのは命がけですが、
それぞれの生き物が寒さで子孫繁栄のサイクルを切ってしまわない工夫をしていますね。

↓この寝袋は、かなり暖かそうに思います。

↓メッシュになっていて、これでは寒そうです。これは一昨年の残骸かもです。

↓こちらのはフリースのような感じで居心地よさそうです。

↓ヘクソカズラの実あるいは種。

↓百舌鳥のハヤニエですね。これは餌の少ない冬の保存食となるのでしょうか?

↓こちらの方は身体に布を巻かれてため息混じりですが、冬越しは気楽なもんです。
2011-01-20(Thu)

ご近所散歩の寸景つづき

詩は行間が命と思っています。
言葉そのものよりもその言葉から伝わる「こころ」あるいは「気持ち」
写真も絵も同じようなことが言えると、「私は」思っています。
被写体そのものを見せるというよりも、
被写体を通して伝わるこころを「私は」大切にしたいです。

私のテーマはいつだって決まってますから、
目標だけは誰よりもわかりやすいのです。
が、ヘタッピでうまくいきません。
絵にしろ写真にしろ詩にしろ、それを見てくれた人の
口角が少し上がりクスッと笑い気分が少し温かくなれば最高なんですがね。

そんなことで、今日はどうしょうも無い1月16日の写真から
何が伝わり連想されるのかを自問してみます。(すべて戯言です。聞き流してください)

↓1.家路&空きっ腹。人恋しさ。(「タダの電柱やん」と言うやろな家のヤツ)

↓2.なんじゃこりゃ!口から何が飛び出すやら?
(クリスマスプレゼントがじゃんじゃん出て来たらいいなぁ〜)

↓3.思考回路ショート(スヌーピーの吹出しによく出て来る、もつれた思考回路)

↓4.♪遠き山に日は落ちて♪(カ〜ンと鐘を叩きたい衝動と高所恐怖症との葛藤)

↓5.チョロリ(春を待ちきれない気持ち。その形・その色付きから。わかるわ〜)

馬鹿丸出しで失礼しました。
2011-01-20(Thu)

ほたる

避妊手術を無事終えて自宅に帰ってきました。

↓家に帰ってほっとしている様子。

玄関に入るなりトイレに走ったそうです。我慢してたんやね。
動きはスローになり、視線も少し落ち着きが無く疲れた様子。
ジッと目を閉じ昨晩の訳のわからない出来事を振返っているのかも。
とにかくゆっくり休んでくれ。

続きを読む

2011-01-19(Wed)

ご近所散歩の寸景つづき

あまりに寒い1月16日の日没前の散歩の寸景がつづきます。

↓1.ひっそりと杉林に囲まれた稲荷神社。

↓2.鈍色の 空を見上げた 石仏

↓3.ルンバなのかサンバなのかワルツなのかフォークダンスなのか?

↓4.疲れたサラリーマンの背中なのか魔法使いの群れなのか雪ん子なのか?

↓5.宇陀川。遠くの山は青山高原で風量発電が並んでいますが小さすぎました。

↓6.子どもが小さい時にトトロの森と呼んでいた場所で。

↓7.ほたるは無事に退院したと連絡が入りました。

今日は早く帰ってほたるの顔を見たいと思います。では。
2011-01-18(Tue)

ご近所散歩

1月16日(日)は滅茶苦茶寒かったですね〜
私は外に出る根性が無くて、コタツでゴロゴロしてましたが、
夕方3時頃にようやく防寒服をまとい運動靴を履き家を出ました。
「さっぶ〜」
いつもの池方向では無く、たまには反対側をと思い、
正反対の北西方向に向かいました。

↓いつも見えているが行った事の無い茶臼山山麓の鳥居を目指します。

↓そこは稲荷神社でした。振り向けば我家やいつもの池や伊賀富士(尼ガ岳)が見えました。

↓火の見やぐらですが、近頃のスピーカーは無く、鐘が吊るされています。

↓初めての道を歩けば、ヒツジさんに出会ったり、

↓ウシさんに出会ったり

↓肝試しのような暗い急石段をのぼると津島大神という神社があったりします。

↓さぶーい鈍色の空から一瞬、夕陽がわが町を照らしました。

↓宇陀川を渡り、帰途に着きます。

↓上空はまだ明るくて、月が輝いていました。

↓帰宅。玄関ドアに貼ってます。

↓ほたる。実は今晩避妊手術で病院泊まりです。無事帰って来るか少し心配です。
2011-01-15(Sat)

かりん

 寒空に 元気が二つ かりん玉


(2011年1月1日長谷寺境内にて)

【おしらせ】
サブブログを作りました。
タイトルは「ことのは写真」です。
このメインブログにアップしてるものを
ピックアップしてまとめてるだけですので
新鮮味はありませんが、よかったら見に来てください。

「ことのは写真」http://nakarahanj.exblog.jp/
2011-01-14(Fri)

タイトルバックの写真のこと

先日、ブログのスキンを変えて
タイトルバックに自分の写真を入れたのですが、
普通の画角ではどうってこと無い展望写真だったんですが、
上下を思いきりカットしてワイド画面になると
なんか、パノラマ効果抜群で自分でもお気に入りの写真になりました。
自画自賛です。
スミマセン。
この写真の撮影地点は、いつもの散歩道から見えていますので、
その紹介をします。

↓1.近鉄特急電車の左奥あたりに自宅があってその奥、山並み左端の上のほうに
 白い点が2つ見えます。そこから撮影しました。わかりにくいので、

↓2.望遠レンズに変えて。山の上の2カ所の白い所の上から撮りました。
 県境は見えませんが、撮影地点の集落は奈良県で、下の住宅は三重県なのです。

なので、タイトルバックの写真にも我が町が写っています。
写真のほぼ中央です。いつもの池も私にははっきりと見えています。
わが町をよろしくです。
2011-01-13(Thu)

なからはんじゃ句5757

namazu_5757。 その5757っていかにも中途半端。

俳句にすれば7字、字余り。

短歌にすれば7字、字足らず。

ならばnamazu式4句体「なからはんじゃ句5757」に挑戦。

(1月10日の近所の情景です)

↓1. よこなぐる 冷たき風に 仁王立ち 笑い止まらず

↓2. 寒池に 蒼き大なる 空映り 春を夢見ん

↓3. 古池に 密か育む 雪模様 ハッとしてグー

↓4. 空の上 次から次へ 落とす雪 天上急がし

↓5. ミカン見て 酸っぱ顔せぬ 若者よ 嗅ぐな!齧れ。

ヘタなのかシステムが悪いのか、
中途半端に終わる「なからはんじゃ句5757」
しかし懲りずにハンドルネームに掛けても続けたい
「なからはんじゃ句5757」担当はnamazu_5757でした。
2011-01-12(Wed)

冬の散歩道

1月10日の情景です。
いつもは自宅から散歩するコースですが、
長靴履きで歩くのもいやなので自転車で移動です。
(それなら散歩じゃないなんて細かいことは気になさらずに)

↓1.まずは第2の池。小さい池ですが。中身は濃いです。

↓2.こんな鳥や

↓3.こんな鳥に会います。タウナギをくわえてます。

↓4.次に第3の池へ向かいます。池の下から自宅方向を望む

↓5.第3の池はきれいですが、生物が少ないので私はあまり来ない所です。

↓6.クヌギの山が広がる典型的な里山の道を行きます。

↓7.第1の池(いつもの池)と自宅方面を望む

↓8.望遠レンズで覗きました。ときおり雪が舞ってます。

↓9.いつもの池の下にたどり着きました。

春になると足元には野の花がたくさん咲く散歩道ですが、
今は冬枯れの時期です。木々も葉が落ち鳥を観察するには良い季節ですね。
鳥撮りにはやはりもっと高倍率の望遠レンズが欲しい所ですが、、言うまい。
2011-01-11(Tue)

成人の日

名張市の成人の日のつどいは1月9日(日)でした。
天気もまずまずで特に寒くもなくこの時期にしては良い日和でした。

私は言われるままにアッシー&カメラマン役をやってました。
朝、娘と娘の友人をつれて市内の結婚式場へ送っていく。
着付け髪結いなど完了した頃、今度はカメラを持って行き
結婚式場の中庭をお借りして数十枚をパチリ。私は帰宅。
その後娘達はプリクラ&昼ご飯を済ませて、再びお呼びがかかる。
今度は振り袖4人組を市体育館の成人式会場へ送って行く。
その後の迎えは別の親御さんがやってくれて娘帰宅。
ドタドタと振り袖脱いで、今度は同窓会の会場へと行く準備。
同窓会は今朝とは別の結婚式場を借りて、
100人以上の参加者と言う中学時代の学年同窓会だそうで、
でしゃばりの娘は(やはり)幹事だそうで。自分で車運転して行きました。
帰って来たのはたぶん(私は寝てました)夜中の2時頃。
ようやりますわほんま。

↓夕方、成人式から帰宅した娘。
2011-01-08(Sat)

なにげない風景

↓1. 青い空 何気無い空 見上げれば 温もり包む ふるさとの空

↓2. から風を こらえたあとの 日なたぼこ

↓3. 土まみれ 野菜かかえて 家路かな

↓4. 寒空も 雪は降りとて 弾降らん 家族団らん 平和に感謝

↓5. ありがとう すんなり入った ほたるちゃん がま口開いた 母の鼻高し
 (正月に買ってきましたが使ってくれるか心配でした)

明日は末娘の成人式。
私はカメラマンアンドアッシーの予定ですが、
これでやっと子育て終わると思うと、、、
わ、わ、わ、笑いが止まりません。
我が子3兄妹達よ、
この先どうか好き勝手に自力で生き抜いてくれ。
2011-01-08(Sat)

カワラヒワ

2011年1月1日 いつもの池で

いつもの池にはほとんどスズメはいない。
スズメかなぁと思えばたいがいこのカワラヒワ

2011-01-08(Sat)

イソヒヨドリ

盆地暮らしの私には
海岸近くに暮らすイソヒヨドリに会う機会はないと思っていたのに
この正月会いました。それも2度。

↓2011年1月1日 奈良県桜井市長谷寺付近で(トリミングしてます)

↓2011年1月3日 奈良県郡山市イオンモール駐車場で(トリミングしてます)
2011-01-07(Fri)

初詣・長谷寺

雪の元旦、自宅周辺は雪で車は動かせず、
電車で長谷寺に初詣に行きました。
4つめの駅が長谷寺なので気軽に行けます。
(4つと言っても山間部なので距離はありますが)

↓仁王門を正面に見て本堂、五重塔、登廊がそろって見えるポイント(やっと見つけました)

↓桜の花が咲いてました。

↓牡丹園(笠をかぶった冬牡丹がきれい咲いているんですが、、、)

↓箱も好きなんです。

『花の御寺』と呼ばれる長谷寺です。
一年中いつもなんらかの花が咲いていますが、
特に春の桜、ボタン、夏の紫陽花、秋の紅葉(花では無いですが)
冬ボタンが有名ですが、さらにパワーアップしそうです。
「さざんか」と「シャクヤク」の花壇が新しく完成していました。
2011-01-06(Thu)

雪の正月(スノーアート)

↓初春に 幸多かれと 初笑顔

↓何思う 娘ワッフル 父ウエハース 食べ物なるが 共通点

↓琵琶湖かな? 恐竜足型? スケートリンク?

↓三段腹 想像した自分が 情けない

↓コロコロコ 君とコロコロ 雪まぶし

↓ムムムムム イカンイカン 陽がまぶい

↓見習いたい その右手 そのあんよ
2011-01-05(Wed)

雪の正月(元旦)

雪の正月は珍しいので
元旦の朝の証拠写真を時間順に並べます。

↓住宅地出口のカーブミラー。右に曲がればいつもの池。

↓私の足

↓雪原の兎の如くぴょんぴょん跳ねて書いた文字

↓池に到着。な、なんと猫ちゃんが(ほたるではないですよ。ほたるは寒がりです)

↓南東方向の龍神山。この山から初日の出が昇ります。

↓振返って、北西方向の茶臼山。我家はこの二つの山に挟まれています。

↓コタツ好きのほたる。
2011-01-04(Tue)

雪の正月(大晦日のこと)

大晦日のこと
雪の中、娘をバイト先に送っての帰り
いつもの池を覗いてみたのです。
寒いしカメラ濡れるしちょこっとだけ証拠写真を撮りました。

↓車の中からパチリ。

↓トントントンと階段を登って。

↓土手に上がるといつもの池。パチリ

↓振り向けば我家の方向。しかし吹雪いて家は見えず。ハイオシマイ。

↓我家に帰ると、ぬくぬくの部屋でTVを見ていたほたる。

雪は大晦日から元旦未明まで降り続き、
初日の出の時刻には積雪約15cmほどでやんでいて、
清々しい元旦の朝散歩を楽しめたのでした。
2011-01-02(Sun)

今年もよろしくお願いいたします。

元旦の朝、いつもの池を散歩しました。

↓あけましておめでとうございます
↓私の住む町はご覧の通りの雪の元旦を迎えました。

↓いつもの池の土手と初日の出。

今年もよろしくお願いします。

ご挨拶が遅れて申し訳ないですが、皆様のところへは、
いつものPCが使える1月4日以降に訪問させていただきます。
プロフィール

kyomiy

Author:kyomiy
テーマは愛

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ