2011-07-29(Fri)

公募展「オオサカスナップ2」募集中

只今、参加者募集中です。
スナップ写真を楽しまれている方、いかがでしょうか?締切は8月8日です。
お申し込みお待ちしております。詳しくはこちら!

展覧会名:公募写真展「オオサカスナップⅡ」
会  期:2011年9月6日(火)〜9月11日(日)
開場時間:11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
会  場:ギャラリーアルテスパーツィオ
企画運営:ギャラリーアルテスパーツィオ
テーマ :大阪でのスナップ写真

大阪市内大川沿いで


↓ほたるのお気に入り場所
2011-07-28(Thu)

顔など

いつもの池の続きです。

キッチリ三角の蛾やなと、
よくよく見れば「顔」が、
それもなんだか憎めないまじめそうな顔

大雲紋朽葉(オオウンモンクチバ)かなぁ?と思います。

キリギリスは口から出す液が苦手でカメラを向けることも少ないですが、
この日はなんだか立体感があって見えたのでパチリ。


我家の猫:ほたる。
最近は少し大人になったのか?
ただいまーと帰宅してもだだだだーと出迎えてくれることも少なくなり、
「あれ?ほたるどこ行ったん?」とキョロキョロしている私を、
上からジーッと見ておりました。チシャなヤツです。

これを無視して部屋に入ろうとすると、、
だだだだーと降りて来て私の足をすり抜けて先に部屋に入る変なヤツです。

2011-07-27(Wed)

それぞれの夏

サンダル履きのいつのも池のつづきです。

↓1.池では、カイツブリの子どもが

↓2.ヤブカンゾウには、キアゲハが

↓3.小木には、アマガエルが

↓4.草むらには、ツバメシジミが

↓5.草むらには、ホオジロが

↓6.まもなく日が暮れる時刻

それぞれの生き物が、誰も来ない静かな溜池あたりで、
それぞれの暮らしを謳歌しているようでした。
私も早く帰ってブラインドの修理作業が残っているのでした。
2011-07-26(Tue)

いつもの池

近頃は家の用事が続き
カメラ散歩から遠のいています。
18日は、トイレの床の張り替え。
23日は網戸とブラインドの修理。
ブラインドの部品を買いに自転車で
近くのホームセンターに行き、
買い物帰りにいつのも池を
久しぶりにのぞきました。

サンダル履きなので草むらを避けながらですが、
みんな変わらず暮らしているようで安心しました。
ナニワトンボもいつもの場所にいました。
(残念ながらカメラを構えると見失ってしまいましたが)

↓1.ヤブカンゾウも終盤ですね。

↓2.ホソミイトトンボ

↓3.アオメアブ

↓4.エビヅルかな?

↓5.葉に擬態する蛾は多いですが、、これもかなりの出来映えでした。

ネットで見るとヒメエグリバという蛾ではなかろうかと思います。
こんな場所に何で枯れ葉が???
これは蛾だなと思い2、3回シャッターを押してから、
ツンツンしてやりますと、飛びました。やっぱり蛾でした。
2011-07-25(Mon)

アナログ放送終了

7月24日11時59分の画面

7月24日12時00分の画面

あまりにもあっけなくアナログ放送が終わってしまいました。
「さようなら!マイテレビ〜」
これでテレビと決別だ。と名残惜しんでいると、

トーちゃんコッチコッチ。コッチは映ってるよと。ほたるが呼んでました。

これからはデジタルのお世話になります。
チャンネルの決定権の無い私には、どうでもいい話なんですけどね。
2011-07-23(Sat)

天川村洞川その5

洞川シリーズおまけ編です。

↓あけび

↓行者さんと遭遇

↓モノレール乗り場で

↓This is モノレール

↓蟷螂の岩屋の管理人さんはいいお方でしたよ。

↓だって、洞窟に入りもしないで冷気だけ頂いている私たちにニッキ飴をくれたんですから。

↓美しい蝶を撮ったあとは、、、

↓すぐさま図鑑で調べる私たち。洞川エコミュージアムセンターで
2011-07-22(Fri)

天川村洞川その4

大峯山の山上ガ岳を源に流れ出した山上川は、
直下の洞川の町を緩やかに通り抜け、
町外れでは「みたらい渓谷」として激しく流れ、
その後、弥山川、天の川、十津川と名前を変えながら、
最後は「熊野川」として太平洋に流れ出ます。

↓1.山上ガ岳から落ちて来た水は冷たくきれいです。

↓2.洞川の町では緩やかに流れ、川原ではBBQなど楽しい声が響きます。

↓3.旅館の玄関先でも水が輝いています。

↓4.洞川の町を過ぎ森が広がると水は崖を落ちるように流れてゆきます。御手洗渓谷です。

↓5.メンバーの少年ABCD。この頃はまだ余裕のゆうちゃんでしたが。

↓6.御手洗渓谷の姿が見えてきました。

↓7.美しい渓谷に感激中です。

↓8.さてと、戻りましょうかと。下って来た渓谷道を今度は登って行きます。

この登りはきつかったです。上げたつもりの足は上がっていなくてつまずくし、
大量の汗は、ただでサウナに入ったようだし。
年を感じた御手洗渓谷でしたが、3日経っても筋肉痛は無し。
やっぱり私は若い。まだまだ行けると確信したオフ会でした。
メンバーの少年の皆さん、楽しい一日をありがとうございました。
2011-07-21(Thu)

天川村洞川その3

洞川での点景をいくつか。

↓1.あけび。アケビの花も好き、葉も好き、実も好き。見つければ必ず撮る植物です。

↓2.ミヤマカラスアゲハでしょうか?エメラルドブルーが眩しかったです。

↓3.杉林を通り抜けると、名水「ごろごろ水」配水所があります。

↓4.アジサイの一種

↓5.対岸を見上げると吊り橋が

↓6.もみじ

↓7.蝙蝠の岩屋前の風景
2011-07-20(Wed)

天川村洞川その2

洞川への道は立派なトンネルもでき、
近年はアクセスも良くなりました。
しかし今回はあえて難路で洞川に行こうと、
happykotaさんの案内で、
車一台がやっと通れる山道を登って行き、
峠の「小南トンネル」を通りました。

↓1.小南トンネル。

↓2.涼しい風は気持ちいいです。かたわらにはドアミラーが落ちていました。

峠を越えるとまもなく洞川です。
龍泉寺近くに車を止めて、散策を始めました。
↓3.龍泉寺

↓4.大峯山修行のひとつかと思われます。龍泉寺にて

↓5.涼しげな木陰の石仏。龍泉寺にて

↓6.もみじ。龍泉寺にて

↓7.鉄下駄で歩く?人。龍泉寺にて

↓8.「たいしばし」のたもとの石仏

↓9.オフ会の4人のお姿。HDRで
2011-07-19(Tue)

天川村洞川その1

奈良県吉野郡天川村洞川(どろがわ)へ。
久しぶりのOFF会を楽しんできました。

とても暑い日でしたが、
標高800mの洞川(どろがわ)は、
木陰を通る風が爽やかな
気持ちいい日でした。



happykotaさん、hirosiさん、趣味人さん、benisijimiさん、
楽しい夏の一日を過ごさせていただき、ありがとうございました。
2011-07-14(Thu)

暑中お見舞い申し上げます

爽やかな風を送りたいと思います。

↓木陰を通る爽やかな風を送ります(少し焼き肉くさいかも)

↓森を越え、湖面を走り抜けた爽やかな風を送ります。

私の別ブログでは青田を駆ける爽やかな風を送ります→こちら
2011-07-12(Tue)

バーベキュー2

現地に到着し、
道具一式を運びセッティング。
さぁ〜炭は誰がいこす?
ココはやはり男の出番でしょう。
トーちゃんと、新息子と、将来息子?
3人で作業に取りかかる。
女性陣は、野菜きったり食器広げたり、、、
先着している実息子はというと、もっぱら釣り三昧。
(メンバーは男5人(孫含む)女3人)

↓1.先に自転車で来ているはずの息子は?

↓2.あー、いたいた。

順調に炭もいこり、フッと見ると新息子の姿がない。
実息子と二人で釣りをしている。食材の魚を釣り上げて、
バーベキューに間に合わせようと思っているのか?
しかし、全く釣れないようで。
「おーい、お肉焼けたよ〜」の声で戻って来た。
ヤイヤイ言いながらバーベキューを楽しんで
↓3.フッと見ると、もう実息子と新息子がいない。

↓4.何を話しているのか聞こえないけど、仲良くやってるみたい。

↓5.カラッと気持ちのいい夏空。木陰のバーベキューは気持ちよかったのでした。

↓6.ぼくもいるよ。まだお肉は食べれないけどね。

↓7.このあとボーリングまで付き合ってトーちゃんあるいはジーちゃんは

まだまだ若いモンには負けへんでと思ったのでした。
つったふくらはぎを引きづりながら。
2011-07-11(Mon)

バーベキュー

子どもが小さかった頃は
バーベキューセットなど用意して、
川原でバーベキューをよくしたものです。
しかしそれは、
道具の準備と後片付けでトーちゃんが大変で、
近年はとんとやってなかったのです。

今は、うちの子どもも大人になったので、
バーベキューの一切合切を子ども達でやってくれて、
トーちゃんは箸と皿だけもって参加したいなぁーと
先日カーちゃんとしゃべっていた所、

日曜日の朝「バーベキューしよう」と長女から連絡。
次女が「OK」なんて勝手に言ってます。

皿と箸だけ持って行けばと思っているトーちゃんは。
ゴロゴロと出発を待つのみ。

しかし一向に準備をする様子も無く、待ち合わせの時間が近づいて来る。

長男が倉庫をゴソゴソしだしたが、、
次女は浮き輪出しといてなどと訳の判らんことを言ってるし、、

段取りの悪さにイライラして来たトーちゃんは、、、

そこどけと自ら倉庫をひっくり返しバーベキュー道具を出し、
ようやく時刻ギリギリで現場に到着したのです。

現場と言っても我家から車で10分もかからない所。

↓自転車で行くと先に現場に向かった長男の自転車。
2011-07-09(Sat)

昨日の夜のことです。

夜11時過ぎに帰宅。
玄関でほたるのお迎え。
「おかえり〜」「ただいま〜」
ドアを閉めようとしたその瞬間
猛ダッシュで暗闇に消えて行ったほたる。

いろいろあってやっと「確保」して
帰って来たのは深夜1時を過ぎておりました。

こら!ほたる!





おとついは洗濯機の中で一晩過ごしました。
毎日「ひんやり」を探し求めてるほたるですが、
我家では我家の掟に従ってもらうしか無いのです。
冬の寒さ、夏の暑さには、、、「慣れろ」、、です。
2011-07-07(Thu)

坊ちゃんカボチャ

去年初めて知った「坊ちゃんカボチャ」
我家の菜園でうまく作れてとても美味しかったので、
今年も頑張ってます。(頑張ってるのは私でなくヨメのほうですが)
小さいからと侮ってはいけません。
味がしっかり美味しくてホクホクのカボチャです。
使い切りサイズで便利&新鮮。

今年はキュウリのようにネットに這わせ
ぶら下がったカボチャを収穫する作戦です。

↓今年の収穫第1号の坊ちゃんカボチャ。(穫るのが早すぎた気もしますが)
2011-07-05(Tue)

月ヶ瀬散歩

夕方6時半頃の
月ヶ瀬梅林遊歩道散歩です。
シーズンオフなので誰もいません。

↓1.眼下の月ヶ瀬ダムは水位が下がっています

↓2.いたるところに梅の実が、歩いていてもポトンポトンと落ちています。

↓3.柿の実は花が終わり実になりかけた所です。

↓4.まもなく落日です

↓5.ベニシジミ

↓6.真福寺の住職さんのムギワラでしょうか?
 境内の花壇はいつもきれいにされています。昼間は暑かったですからね。

↓7.ビワ

小一時間の夕涼み散歩でした。
家に帰り、夕涼みできなかったほたるにはシャワーをプレゼント。
2011-07-04(Mon)

菜園で汗ながす

7月3日(日)のこと
「お昼ごはんまでに、ちょっと畑手伝って」と
ネット掛けるだけだからと
ヨメさんに言われ、アイヨ!と出かけた菜園。

「ココにネット掛けてね、、、」
ココって、、、
こんなとこにネット掛けたらすぐ倒れまっせ。
物理的に考えたらすぐ判りそうなものを、、、
と小声でブツブツ言いながら、、、
杭の打ち直しから始めるのでした。

滝のような汗が目にしみる感覚をなつかしく思いながら、
台風来ても倒れぬササゲ用ネットを完成させ。
やっと昼飯にありつけるかと思ったのもつかの間。
「ついでに、、、」
坊ちゃんカボチャのほうもお願い、、、
去年は地べたに這わせていた坊ちゃんカボチャが上出来で美味しかったので、
今年はキュウリやゴーヤの様にネットに這わして育てようという魂胆。
見れば、、、
こちらも物理的に考えて、、
重いカボチャがぶら下がるんやから、、、
こんなフニャフニャ支柱がもつ訳なかろうが、、
とやはり小声でブツブツいいながら、
こちらも杭打ちからやり直すのでありました。
「ついでに、、トマトとナスにも、、」
やっと昼メシにありつけたのは3時。
それから、昼寝タイム。
夕方5時半に目が覚めて「月ヶ瀬でもいくか?」と
つかの間のカメラ散歩を楽しんで日曜日は終わってゆくのでした。

↓坊ちゃんカボチャの支柱(カボチャなので本来は地に這わすのを上に延ばしています)

↓手前左から、トマト、ナス、シシトウ、ピーマン、キュウリ、
 奥左から、トウモロコシ、インゲン、ササゲ。(夜8時前の撮影)

↓月ヶ瀬梅林。梅の実の季節。遊歩道は落ちた梅の実がいっぱいでした。

夕方6時半頃のだ〜れもいない季節外れの月ヶ瀬梅林遊歩道を小1時間楽しんできました。
2011-07-01(Fri)

ほたるのつぶやき

暑いどす
この家はどこもかしこもアチチどす
玄関のタイルに寝そべるか
網戸越しに微かな風を顔に受けて
ボーッと外を見てるか、、どっちかどす

この前なんか、うちのトーちゃんは
私を無理矢理お風呂場に連れて行き
いやがる私をこれでもかこれでもかと
シャワー攻めにし
私はジッと長い間、耐えていたのどすえ

また別の日には、
ファーミネーター買ってきたからなーなんて
私は頼みもしないのに恩着せがましく
これで涼しくなるからニャーなんて言いながら、
私の毛をズッコンズッコン引き抜いて
トーちゃんは、一人ニヤケてはるのやどす

とにかくこの猛暑、なんとかなんとか耐えるのみどす。

↓余りの暑さにうなじから花が咲きましたがにゃ

↓お風呂入ろうかなんて言ってるトーちゃんとは、ゼッタイ目を合わさないどす
プロフィール

kyomiy

Author:kyomiy
テーマは愛

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ