2011-09-30(Fri)

帰省その3(巾着田・霧ヶ峰)

湘南海岸にパパを落として、
ボク、ママ、バアバ、ジイジ(私)の4人で、
大ジイジバアバの家に到着したのは夜10時。
大ジイジはビールを飲ますのが大好きで大好きで
「あとは寝るだけだろ(東京弁)」と
飲めないビールを頂きながら夜が更けてゆきます。

翌朝はうだうだと寝て遅い朝ご飯をいただき、
すぐにまたお昼ごはんもいただき、
ゴロンと昼寝をするジイジ

そのころ
初めての東京の町を友人と楽しんでるパパからは
ママのケータイに逐一報告が入る
「今アキバのメイド喫茶に来てる」とか
エンジョイしている様子がうかがえます。

寝ている私を起こすバアバ「どこかへ連れて行け」という
こんな時間からどこ行くねんと思いながら
彼岸花で有名な巾着田へ

その記事は先日9月26日分でアップしましたが、
今日も少し追加します。

↓1.巾着田はコスモスも咲いていました。左からボク、ママ、大バアバ、バアバ、大ジイジ

↓2.花期にはまだ少し早かったですが、こんな満開の所もあります。

↓3.ママとボク

↓4.これからの芽がニョキニョキと

帰りは飯能、所沢と地道を通るのですがこれがなかなか
都会ならではの渋滞。田舎者には堪えます。
途中で晩ご飯をしていると、
パパからママにメール「あと30分くらいでそっちに行く」
そんなパパを最寄り駅まで迎えに行き
またビールで夜は更けてゆきます。今度はパパさんをカモにして。
(※パパとジイジはお酒、超弱いんです)
翌朝は頑張って6時起床。
大ジイジバアバにバイバイして帰途に着きます。
環八で朝マックして中央高速、信州周りで帰ります。
八ヶ岳PAで霧ヶ峰に道草する作戦を練り、
ママに運転を交代してジイジは寝ます。

↓5.目が覚めれば雲の上。

↓6.グライダーです。ワイヤーを車で引っ張って離陸しています。

↓7.着陸も風を切る音だけで静かなものです。

↓8.すすきが広がって、とても爽やかな気候でした。

↓9.風が見える見える。

2011-09-29(Thu)

帰省その2(湘南海岸)

湘南海岸と言えば、

加山雄三やろ!加山雄三通りやろ!
いやいやサザンやろ!サザンーオールスターズやろ!
いえいえ湘南乃風でしょ!若旦那でしょ??
んにゃ、松田聖子でしょ!渚のバルコニーでしょ!
なんて事で話が盛上る所。

朝日と共に波に乗り、夕日を見ながら○○を語る。
かな〜りかっちょええ所。

「湘南」ナンバーも人気とか。

しかし今年はちょっと違う

もしいま東海地震が来たらどこへ逃げるか。
を頭に置きながらの湘南海岸でした。

↓茜色の空が波打ち際を光らせて、きれいでした。

↓海岸散歩を一番喜んだのはボク。窮屈な車から開放されて上機嫌です。

↓ココから見える富士山を期待したのですがダメでした。

↓茜の海とサーファー

↓パパとボク

↓いつまでぷかぷかしてるのだろ?寒くはないのでしょうか?

↓夕刻の湘南海岸では、大勢の人が散歩しています。きもちいいです。

↓江ノ島をバックにハイ!ニャーゴ

湘南海岸に惚れてしまったパパさんを海岸に落として、
私たちは藤沢から横浜新道、第三京浜、環八を走り
バアバの実家に向かうのでした。
(※パパは辻堂の友人宅に泊まるのでした)
2011-09-28(Wed)

帰省その1(忍野八海)

9月23〜25日の三連休
ヨメさんの実家(東京)に帰省しました。
9月24日の巾着田の曼珠沙華は
季節ものでしたので先行アップしました。

今回は娘夫婦と孫を連れて5人での帰省です。
小さな孫ですが、
チャイルドシート、ベビーカー、布団と、
かさ張りますので、
レンタカーを借りることにしました。

9月23日の早朝出発。道草で忍野八海へ。

↓朝4時半頃?の東名阪道。娘が運転しています。

↓空が明るくなってきた伊勢湾岸道(長島のジェットコースターが見えています)

東名高速富士インターを降り、まずは白糸の滝へ行きましたが、
なんと前日の台風で滝には降りられませんとのことでした。
台風15号はかなりひどかったようです。
↓田貫湖から向こうは通行止めで、来た道を戻ります。

↓本栖湖。

このあと西湖、河口湖を車窓から眺め、忍野八海へ。
しかし近くの川が泥水で増水しているので心配でしたが、、、
↓さすがは忍野八海。水はピカピカ!曇天が残念。

前日の台風で忍野八海一帯の水があふれ、飼っていた鯉がみんな逃げたと、
土産物屋の人が言ってました。
↓晴れて青空が見えると凄いことになります。→2007年の忍野八海

↓赤ちゃんがいると座敷がありがたいです(娘夫婦の間に孫の手が少し見えてます)

↓食事を終えて出て来ると少し青空が見えました。

このあと、山中湖を通り御殿場へ地道で抜けようとすると、
土砂崩れで通行止め。仕方なくもう一度忍野八海へ戻り、
東富士五湖道路を通ることに。運転は娘の旦那。
私は後部座席でネンネ。目が覚めると箱根の乙女峠。
強羅、箱根湯本、小田原を通り
次の目的地の湘南海岸へ向かいます。
2011-09-27(Tue)

植村直己冒険館

「尊敬する人は誰ですか?」なんて質問を受ける時がありますが、
そんなとき私は、
「尊敬する人」を「尊敬できる人」と頭の中で置き換えて、
植村直己さんと加藤文太郎さんと答えます。

9月19日のこと
兵庫県豊岡市日高町にある植村直己冒険館に行ってきました。
じっくり展示物を見てゆくことが大の苦手な自分がびっくりするほど、
ひとつひとつの展示物をゆっくり見て、説明文のすべてを読んできました。

↓雨が降ったりやんだりの日でした。

↓クレバスをイメージした建物とのこと。少し胸が詰まりました。(植村さんはクレバスに落ちて亡くなったので)

↓北極点を目指した時のテント。中に入って寝ころんで撮りました。これもまた胸詰まる思いです。

↓日本人で最初にエベレストに登頂した2人のうちひとりは植村さんです。

植村さんが登頂したのは全くの想定外だったんです。そのへんの話はぜひ
「青春を山に賭けて」という本を読んでいただきたいと思います。
↓中庭に有ったので頑張ってみました。

↓どうにか最後までこれました。

↓公共建築百選なるものがあるのですね。初耳でした。

↓プロムナード

↓人柄に引かれます。
2011-09-26(Mon)

曼珠沙華の里・日高市 巾着田

埼玉県日高市にある巾着田(きんちゃくだ)
9月24日(土)に出かけました。
満開にはまだ少し早い巾着田の曼珠沙華を楽しんできました。

↓1.それはもうビッックリの曼珠沙華群でした。

↓2.アップで撮ったり

↓3.引いて撮ったりカメラマンは忙しい。

↓4.西日射す逆光ポイントにはカメラマン達が並んでいます。

↓5.雑木林の中一面に咲く曼珠沙華に木漏れ日が射します。

↓6.数少ない白花も人気です。

↓7.木漏れ日がスポットライト

↓8.夕方ならゆっくり見れるだろうと思うのは私だけではなかったようです

↓9.花数の少ない場所もまた美しいポイント

↓10.閉園時間間近ですが、4世代でお団子タイム。

↓11.日が傾き駐車場に向かいます。

三連休は私たち夫婦と娘夫婦と孫の5人で東京に帰省しました。
初日の夜は飲めないビールを飲み、二日目は朝からぐずぐず寝ておりましたが、
お昼ごはんを食べてからバアバ(妻)がどこかへ連れてゆけと言う、
「キンチャクダの彼岸花がきれいだそうよ」と言う大バアバ(義母)
「それはどこにあるのですか?」とジイジ(私)しかしわからず、
コンビニに地図を買いに行って、ようやく巾着田の場所を確かめて
大ジイジ、大バアバ、バアバ、ジイジ、ママ、マゴが車に乗り込み2時半出発。
ケータイでキンチャクダを調べていたママ(娘)が
「巾着田の曼珠沙華は日本一って書いてあるで」と叫びます。
「ほんまか!」と現場に向かう私たちは勢いづきます。
4時前に現地着。
広大な駐車場と車の量にビツ栗。彼岸花の量にビツ栗。でした。
2011-09-25(Sun)

名古屋スナップ

↓1.大須観音(浅草にちょっと似てると思いました)

↓2.肩に2羽、頭に1羽の鳩を乗せて撮った記念写真。

↓3.大須の町は凄いですわ。アーケードは縦横に走り。びっくり箱のようなお店だらけ。

↓4.ラーメンバーガー(↑写ってますね)喜多方名物と言うから会津名物ですね。

↓5.何で招き猫かは不明ですが、どうせならもっとインパクとある猫にしたら良いのにな。

↓6.露地

↓7.看板

↓8.名古屋って変わった食べ物のイメージがありますが、これはアンカケスパゲッティ。

↓9.地下鉄の駅で

↓10.アサヒドーカメラさん

↓11.道路

↓12.マンホール(かわいいアメンボ?)

大須の町は、はじめて行きましたが面白いですね。我らアジア人みたいな感じ。
2011-09-24(Sat)

熱田神宮

熱田神宮と言えば
三種の神器を収められた場所の一つ。ということがまず頭に浮かびます。
伊勢神宮と皇居と熱田神宮にそれぞれ置かれているのですよね。

↓1.神殿で。お幸せに!

↓2.オープンな式殿で、結婚式の様子が見れました。

↓3.境内ではこんな風景が。

↓4.境内でひと際目立っていた赤い実

↓5.なんで名古屋まで来て蝶を撮っているのか?ボケてるし。

↓6.何で名古屋まで来てスズメバチ撮ってるのか?

↓7.信長塀
2011-09-23(Fri)

名古屋港

盆地暮らしの者にとって海は特別の場所、港もおなじ。
夕刻のアベックだらけの港の公園を
急ぎ足で撮ってきました。萌え〜萌え〜と言いながら

↓1.

↓2.

↓3.

↓4.

↓5.

↓6.

↓7.

↓8.

↓9.

↓10.
2011-09-22(Thu)

イタリア村

2005年4月2日開園。

<名古屋港ガーデンふ頭東側の、日本通運倉庫跡地(敷地面積約31,000m2)に、イタリアのヴェネチア(ヴェネツィア)の景観を模した建物が並ぶ。村内は「ショッピングゾーン」・「エントランスゾーン」・「クレールベイサイドイタリア村」・「ヴェネチアンガラス美術館」の4つのエリアに分けられており、80の専門店が出店していた。また、村内に設けられた水路では本場イタリアから輸入されたゴンドラが運行され、有料で乗船することができた。その他、ミケランジェロのダビデ像のレプリカ、サンタ・マリア・イン・コスメディン教会の真実の口広場にある真実の口のレプリカなども設置されていた。>以上wikipediaより

2008年5月7日閉園。

名古屋港ガーデン埠頭の駐車場に車を止めると、
いやでも目に入る建物。生きてるような死んでるような
そこだけ時間が止まったような異様な空気。かつてのイタリア村。

↓放置されて3年余り、もの言わぬ建物だけど何か言いたげだ。

↓錆がジワジワと広がりはじめる

↓錆。鋼鉄の柱さえ土に帰そうとするのか。

↓時計だろうか?

↓当時は鐘の音も鳴り響いたのかな?

↓時が止まり叩かれることのない鐘

2日前にアップした「廃墟」とはこの名古屋港イタリア村でした。
2011-09-21(Wed)

ワンちゃんの写真

11月1日は、わん・わん・わんで「犬の日」です。
その日に合わせて写真展を企画しています。

ただいま参加者募集中です。
現在9点集まりました。まだまだ空きがあります。
いかがですか〜?
募集(予約)の締め切りは10月3日(月)です。

  展覧会名:公募写真展「犬の日」
  会  期:2011年11月1日(火)〜11月6日(日)
  開場時間:11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
  会  場:ギャラリーアルテスパーツィオ
  企画運営:ギャラリーアルテスパーツィオ
  テーマ :犬(犬が写ってる写真や犬に関する写真ならなんでも)

一生懸命フリスビーを追いかけるワンちゃん達






ワンちゃん写真に挑戦しましたが、
ブレブレで困ったものです。しかしワンちゃんの楽しそうな雰囲気が
伝われば、、、OK!、、、、だと私は思います。
2011-09-20(Tue)

廃墟にて

↓1.廃墟

↓2.

↓3.

↓4.

↓5.

↓6.

夕刻の廃墟。
なんだかうら寂しい空気が充満していました。
人を拒絶しているようであり、
しかし離れがたい後ろ髪引かれる思い。あり。
2011-09-16(Fri)

ケータイPhoto

ネタがないので
ケータイで机の上でも写そうかと
ポよヨ〜〜ん(良い音します)
しかし
容量いっぱいで保存できません。
撮りっパの写真が詰まってました。
それを消すついでに
ブログネタに有効利用します。

↓JR大阪駅。この通路の下に駅のホームがあります。

↓JR大阪駅。屋上から北側。眼下の貨物車庫は見納めです。

↓JR大阪駅。屋上には菜園があり稲もありました。つまり田んぼですよね。
 田んぼ脇で朝食。ヨメさんが毎日作ってくれるサンドイッチです。

↓JR大阪駅の大屋根

↓会社。ボヤ騒ぎ(昔の話です)このとき我が事務所は煙の臭いがすごくて、
 すべてのテナントが仕事中に2時間も避難させられボヤいてました。

↓橿原市で。今はどこのトイレを借りてもたいがい水洗ですが。
 ここは違います。昔なつかしいかほりに包まれた厠です。とてもきれいです。
 (茶房おふさにて)
2011-09-15(Thu)

詩は、、、

ネタがないので、私の詩ブログをPR。

namazuのブログから、

「詩集」だけを別ブログにして楽しんでいます。

『すくえあのーと』と言います。

↓今日の詩です。

時間のある時にでも見に来てください。

『すくえあのーと』では

ブログ村のランキングに参加しています。

「おもしろい」と思えた時には

あなたの1票をお願いします。
2011-09-14(Wed)

ほたるの城

城ではないですが、
ここにいれば、
誰にもいじられることもなく、
孤独を楽しみ瞑想に耽ることができる。
ほたるにはそんな場所があります。
玄関の上空には梁があり、
そこに登ると人の手が届くことはありません。
ゆっくり寝たい時はここで寝ています。
ただいま〜と帰宅すると、真上から見下ろしていたり。
しかし元来寂しがりやなのですぐ降りてきますけどね。

私もこう言う場所。ひとり瞑想に耽る場所がほしいものです。
私の部屋は無いし、
しいて言えば、
トイレと風呂が唯一いっときの我が城でしょうか。
寝る場所さえあれば私は全然OKなんですが、たまには瞑想も憧れます。

↓寝ぼけ顔のほたる。
2011-09-12(Mon)

写真展オオサカスナップ終了

去年に続き2回目のオオサカスナップ展
今年も個性的な作品が集まり、多くの方に来ていただきました。
最終日のパーティーは、
「廃墟写真」「コスプレ」の話題で盛り上がりました。




公募写真展の一番ワクワクする所は新しい出合いがある所だと思います。

今後の公募展も作品募集中です。興味のある方はぜひご検討ください。

写真展「犬の日」>募集〆切り10月3日。開催期間=11月1日〜6日

第2回「ネイチャーフォト写真展」>募集〆切り11月14日。開催期間=12月13日〜18日

2011-09-09(Fri)

ライフ

『ライフ いのちをつなぐ物語』

日頃、いつもの池で、
昆虫や鳥や植物を写真で撮っていると
生命の神秘やたくましさ。
「生きる」ことが
そこに見えるような気がしてきます。
しかし私のカメラでは感動は伝わりませんが、

この映画は、
壮大でなおかつ奇跡的と思えるカメラワークで
感動を伝えてくれました。

我家では公開早々に映画を見に行くのは
珍しいのですが、早々に行ってきました。

シネコンの掟と言いましょうか。
スクリーンの大きさが色々で
公開直後や人気ある作品が
大きなスクリーンを使うのです。
公開終了間際のは小ちゃいのです。
当たり前と言えば当たり前ですが、

ウジウジ癖の我家は、たいがい
公開終了間際になって慌てて行って、
チーチャイスクリーンで見るハメになる。

今回はぜひともビッグサイズで見たかったので、
「スクリーン1」です。
このシネコンでは1番が一番大きいのでした。
2011-09-06(Tue)

オオサカスナップ2開催

「オオサカスナップⅡ」開催中です。

展覧会名:公募写真展「オオサカスナップⅡ」
会  期:2011年9月6日(火)〜9月11日(日)
開場時間:11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
会  場:ギャラリーアルテスパーツィオ
企画運営:ギャラリーアルテスパーツィオ
テーマ :大阪でのスナップ写真


今回の台風12号の被害は甚大で
何も出来ない私はただただ驚くばかりです。
8月半ばに訪れた南紀勝浦や新宮の映像、
奈良県五條市、十津川村の惨事。
風光明媚な土地が信じられないことになりました。

私の住む名張市はほとんど無事でした。
我家と言えば庭のナミイタ屋根が2枚飛んで行っただけです。

PS:仕事が忙しくなりコメントのお返事はボチボチさせていただきます。ごめんなさい。
2011-09-03(Sat)

台風12号

大型台風12号の接近で、
自宅のある名張市は大雨と暴風で
まさに大型台風到来って感じで
夜中じゅう雨戸がバタバタと打たれていました。
しかし大阪に出勤してくると
あまりにも平穏で不思議な感じがしました。
近くに台風が来ているとは思えないほどです。
大阪は小雨程度の雨で終わりそうです。
出勤前に自宅近くの川を撮ってきました。

↓1.今朝の自宅近くの宇陀川(下流方向)

普段はこんな感じ(同じ地点の上流方向)

↓2.今朝の名張川と宇陀川の合流地点

普段はこんな水量です。

↓3.宇陀川に架かる沈下橋は、完全に沈下していて見えません。

普段はこんな感じの橋です。

↓4.当地はちょうど稲刈り直前の時期で、稲は相当倒れていました。

稲は倒れても収穫は出来ると思いますが、、作業はしにくそうですね。
2011-09-01(Thu)

親密な関係に・・・

長女はハリーポッターの大ファンで本は完読。
映画も欠かさず見てきたのに、
この春、一児の母となってからは、
自由の身では無くなり、
映画館もあきらめ気分でいたみたい。

先日の日曜日のことです。
「トントンはじいちゃんが見てるから、ハリーポッター見に行こう」と
ばあちゃんが長女に誘いの電話している。
おいおいおい!
ばあちゃんはどうすんの?
「私は長女とハリポタ3D版見て来るから、トントンよろしくね」
おいおいおい!
大丈夫か〜?
じいちゃんひとりで、、、

そんなわけでジジババは長女のアパートに行き
「それじゃ、おむつはここ。お尻拭きはこれだよ」
「缶珈琲とお菓子はじいちゃんの!食べてね」
おいおいおい!
パパはどうしたの?
「フットサル行ってるから夕方まで帰ってこない」
「じゃあね〜よろしく〜」
バタン!(ドアの音)

アパートの一室に残されたトントンとジイジ

↓最近マスターした「寝返り」をしてご機嫌なトントン

それじゃぁ写真とってあげると数枚パチリ。
あ〜まだ5分しか経ってないぞ。
タノム!寝てくれ。(寝ない)
本を読む。(ぐずりだした)
ママがいないのに気付き始めた様子。
あぶぶぶ〜いないいないばぁ〜
こんなことで3時間も誤摩化しきれるわけが無いのだ。

母乳で育ててるので、ミルクの用意も無い。(白湯もない)
じいちゃんのおっぱいは何の役にも立たんしなぁ〜
とりあえず抱っこして、部屋の中をうろうろうろつく
ウロウロしながらしゃべり続けるのだ。あること無いこと
歌も歌う子守唄も演歌も(しかし寝ない)
寝ないどころか、あっちゃ〜泣き始めた。

あっそうか!おしめで泣いとったんか〜なんて叫んでみる。
20数年ぶりのおむつ交換作業。何とかクリア。
当然泣き止んでくれないと、、じいちゃんの立場ってものが、、、、
泣き止まない。

散歩でも行くか!
木陰を吹き抜ける風の気持ちよさは、トントンにもわかったみたいで、
おとなしく抱かれるままに遠い目で景色を見ている。
寝た!(やりました!)
そおーっと部屋にもどり、、そーっと布団に寝かす。
と同時に目を覚ますトントン。当然の如く泣き始めた。
も一度散歩からやり直す。

今度もそよ風が気持ちいいのか腕の中で寝た。
同じ過ちはしない。教訓を生かすのが出来る男だ。
寝付いてからも散歩はつづけ。そろそろノンレム睡眠に突入したであろうころ
部屋に戻り、そーっと息を殺して布団に寝かす。
完璧。(さすが出来る男は違うな)

幸せの30分。傍らで本を読む。

ふにゃふにゃふにゃ。泣き出した。
わかってるよ。いつまでも平穏の時間が続くとは鼻っから思ってないよ。
お乳も出ないし、、また散歩行くか!

よ〜し!今度はバギーに乗って。
やはり外の空気にはごきげんでおとなしくしている。
すぐにまた寝た。
そろそろ映画も終わって帰って来る頃だろうから、
そのままバギーで行ったり来たりしているとママが帰ってきた。

すぐにお乳をもらい。
何も無かったようにご機嫌なトントン。

ジイジとしては大変だったけど、
トントンととても親密になった気がして嬉しかった。
またいつでも留守番するよん。
プロフィール

kyomiy

Author:kyomiy
テーマは愛

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ